<< Blog : プレゼント選びに是非 | main | プードル連れの小マダムだらけですが、 >>
2017.12.05 Tuesday

indigo染めの魅力

 

ここに来てindigoものも動きが良いので本日は改めて御紹介。

 

インディゴ、と聞いて誰しも真っ先に思い浮かべるのはやっぱりデニムですよね。

独特の、何とも言えない深みの有るブルーが特徴の染料なのですが、

その良さと言えば色合い/風合いだけでなく、色落ちを楽しめる経年変化。

 

デニムはパンツが一番色落ちが分かりやすいかと思いますが、

外部と擦れやすいヒザ/ケツ付近から先にインディゴが薄くなっていったり、

シワが入りやすいモモ付近は、

シワに沿ってインディゴが薄くなる、いわゆる"ヒゲ"と呼ばれる線状の色落ちが見られたり、

着る人それぞれのクセや動きによって色落ち具合が変わるのもインディゴの面白い所。

 

あんまり激しく擦れると他のものに色移りする事も有ったり、

洗濯時は必ず単体で洗わないと大変な事態が起きたり、多少の注意は必要ですが、

そんな事なんて気にならない位、

インディゴにはインディゴにしか出せない風合いの良さが有ります。

 

慣れてしまえば取扱いも難しく有りませんし、逆に手が掛かる事で愛着も湧いて来るというもの。

 

INTERBREEDではデニム生地を使用したアイテムも多くリリースしておりますが、

この秋冬はデニム以外のアイテムにもインディゴ染めを使用しております。

 

インディゴ染めのブルーの色合いは合わせるものを選ばず、

尚かつ落ち着いたシブい雰囲気で高級感が有り、年齢問わず着られるのも良い所。

一度ハマるとクセになる魅力が有ります。

"高級感"というよりもインディゴって実際に高級なのですがw、その値段に見合う価値が有ります。

 

 

まずはINTERBREEDの冬の定番アイテム、クルーネックニット。

個人的に好きなのも有り、毎冬様々なデザインのクルーネックニットをリリースしてますが、

今年は昨年人気だったケーブルニットをインディゴ染めの糸で編み上げたスペシャルVerで製作致しました。

 

雰囲気最高です。

 

 

 

 

171204_24.jpg

 

171204_23.jpg

 

171204_22.jpg

 

171204_25.jpg

INTERBREED "Indigo Dyed Hiding Logo Knit" Mid Indigo , Light Indigo M〜XXL ¥22000+Tax

 

インディゴ染めのコットン糸を使用し、

1枚に多種多様な編み方を用いる事でデザイン性も高めたクルーネックニットです。

 


カラーは、

 

171204_26.jpg

 

171204_27.jpg

インディゴ本来の深い藍色を残した"Mid Indigo"、

洗いを掛ける事で着古した風合いを引き出した"light Indigo"の2色展開となります。

 

 

171204_28.jpg

一言で"ニット"と言っても様々な柄を表現する編み方が有りまして、それが分かりやすいのが身頃部分。

 

171204_29.jpg

 

171204_30.jpg

ブロック状の編みを細かく並べた身頃中心部、

その横には魚の背骨の様な編み目、更にその外側にはらせん状の編み、

そしてそれぞれの隙き間には一直線のライン状の編み、と、

1種類の糸で様々な表情を生み出せる"編み物"の特性を最大限活かしたデザインとなっております。

 

様々なこだわりを詰め込んだ1枚ですが、

編み目の模様/配置以外にも地味にこだわった点が袖。

 

 

171204_31.jpg

この手のニットとしては珍しい、ラグランスリーブを採用した型となっております。

何故ラグランにしたかと言いますと、

いわゆるフィッシャーマンニットやケーブルニットって、見た目の雰囲気は凄く良いのですが、

袖部分にまでガッツリと編みで柄を入っている事で腕にまでボリュームが出てしまい、

上にアウター重ねた時なんかに内部でボコボコと嵩張るんですよね。動きにくいし何か重たいし。。

 

そんなケーブルニットの難点を解消すべく、袖部分は凹凸の無い平編みにアレンジし、

なおかつラグランスリーブにする事で肩のラインもスッキリ、

そして真冬に重ね着をしてもストレスの無い着心地を目指した仕様としております。

 

 

 

一見シンプルな割に細かなこだわりが詰まったニットですが、

それだけじゃ面白さが足りない、という事で、

"編み"という手法を活かした遊び心をバックに入れております。

 

 

良〜く見て頂けると分かりますが、後ろ身頃の中心部には....

 

 

171204_34.jpg

 

171204_35.jpg

 

171204_32.jpg

編みの凹凸で表現した"INTERBREED"のロゴが入っております。

こうして見ると編み物ってホント面白いですよね。

同じ糸でここまで様々な手法/編み方が出来る訳で、発想次第でもっと色々な事が出来そうです。

 

では着用行ってみましょう

 

 

171204_36.jpg

 

171204_37.jpg

 

171204_38.jpg

 

171204_40.jpg

 

171204_39.jpg

 

171204_41.jpg

*178cm/62kg・Lサイズ着用

 

ニットやセーターってあまり着ない、って方も案外多い気がしますが、

おそらく1つの要因として考えられるのが、何かおじさんっぽくなってしまうというイメージ。

その点このニットは、本来スポーツものの仕様であるラグランスリーブを取り入れる事で、

ニットの良さである落ち着いた印象はそのままに、よりカジュアルな雰囲気で着やすいデザインに仕上がっております。

 

あとニット系最大の問題であるチクチク問題。そちらに関してもコットン100%なので一切無し。

首まわりもベーシックなクルーネックなので、

クルースウェットと同じ感覚で着られ、クルースウェットよりも大人っぽいコーディネートが作れます。

 

カシミアやウールと違い、コットンなのでクタっとして来た頃も凄く良い雰囲気が出そうな1枚。

是非チェックしてみて下さい。

 

 

 

 

そしてニットと同時リリースでインディゴものがもう1点。

 

 

今季のトレンドとなっている素材をインディゴで染めてアウターを制作致しました。

ガンガン着て擦れまくった頃の雰囲気も凄く楽しみな1着です。

 

171204_01.jpg

 

171204_02.jpg

 

171204_03.jpg

INTERBREED "Indigo Dyed Corduroy Varsity Jacket" M〜XXL ¥26000+Tax

 

インディゴ染めの珍しいコーデュロイ生地を全面に使用したスタジャンです。

 

コーデュロイ特有のクラシカルな生地感とインディゴの色味が最大限活きるシンプルなデザインとなっており、

 

171204_05.jpg

表地のコーデュロイは合わせやすい細うねタイプとなっております。

インディゴの染め具合/色目も高級感たっぷり。

凹凸の有るコーデュロイ生地だけに、デニムとはまた違ったアタリ感が出そうで凄く楽しみです。

 

 

171204_04.jpg

型は首リブ仕様のベーシックなスタジャン型となっており、

 

171204_09.jpg

左胸には"INTERBREED"のロゴがスクリプトフォントの刺繍で入ります。

 

171204_06.jpg

前合わせはシルバーのスナップボタン仕様で、ボタントップにはINTERBREEDの刻印が入っております。

インディゴブルーにシルバーが良く映えます。

 

 

171204_07.jpg

クラシカルでイナたいスタジャンをイメージしましたので肩はラグランではなくセットイン仕様、

 

171204_08.jpg

ガッツリ太めに取ったアームのボリューム感もイイ感じです。90'sの匂いがプンプンします。

 

 

171204_10.jpg

袖リブ/裾リブは共にホワイトのライン入り。

 

ちなみに前出の画像を見て頂けると分かりますが、首リブはライン無しの単色リブとなっております。

首周りにラインを入れない事でスポーティさを少し薄れさせると共に、

パーカとレイヤードした際にも首付近の色使いがゴチャつかず、より合わせやすいデザインへとアレンジしております。

 

 

171204_12.jpg

裏地はスタジャン王道のキルティング仕様。軽量かつ防寒/保温性もバッチリです。

 

171204_11.jpg

背面は無地となっております。

 

 

 

171204_13.jpg

 

171204_21.jpg

 

171204_16.jpg

 

171204_17.jpg

 

171204_18.jpg

 

171204_15.jpg

 

171204_14.jpg

 

171204_19.jpg

*178cm/62kg・XLサイズ着用

 

80s後半〜90s特有のスタジャンのシルエット/フォルムをイメージして制作した1着。

着た画像だとそれがより伝わりやすいかと思いますが、

ボリュームたっぷりのアームや身幅をリブでキュっと締めることで独特の丸みを出し、

よりクラシカルな雰囲気を強調したデザインとなっております。

 

アイテム自体はスポーツものですが、

コーデュロイの生地感やインディゴの風合いが良いバランスでスポーティさを中和しており、

合わせやすく様々なコーディネートを造れ、なおかつ年齢問わず永く愛用頂ける1着に仕上がっております。

 

 

ちなみにこちらのアウター、

リブの仕様や胸の刺繍でピンと来た方がいらっしゃったら凄い記憶力

 

デザインこそ全く違いますが、昨年大変ご好評頂きました、

 

こちらのJKTと同じパターンで制作しております。

このJKTの形がバッチリだった、という方は今年のindigoコーデュロイ版も同じ雰囲気で着用頂けると思います。

 

 

インディゴ染めのコーデュロイ生地という、高級志向バリバリの仕様の割に2万円台。

そんな要因も有ってか勢いある動きで在庫はすでに残り僅か。

 

 

インディゴの良さ/楽しみを存分に味わえるニットとアウター、

共に発売中となっておりますので、気になる方は是非お早めに店頭でお試しください。

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Selected Entries
Mobile
qrcode
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM