2018.02.22 Thursday

Blog : 週末お出かけついでに是非

 

instagramでも告知させて頂いている通り、

今週末はINTERBREED & POT OF GOLD共にお得で楽しい企画満載。

 

 

まずは明日金曜から3日間は、

原宿の"BOK GALLERY"(google mapコチラ)を会場に開催される、

合同サンプル&ファミリーセール "BACKYARD SALE"に、INTERBREED/POT OF GOLD揃って出店させて頂きます。

 

過去数回いずれも大好評だったファミリーSALEですがINTERBREEDは今回かなり久々の参加。

POT OF GOLDは初参加です。

 

INTERBREEDは毎シーズン貯まるサンプルから懐かしのアイテムまで、

POT OF GOLDからはNIKE/POLOからAcapulco Gold/NEW BLACK/H33M....etc、ラス1もの〜倉庫在庫まで、

色々引っ張り出して持って行きます。3日間のみの超スペシャルプライスです。

 

他にもLafayetteさんやNINE RULAZさんも出店、

更にシューケアグッズのO.GEE BRIGHTNESSさんもスニーカー磨きの実演で参加します。

 

是非お得に買い物しつつ、スニーカーも綺麗にして貰って下さい

 

 

 

"BACKYARD SALE" -Sample & Family Sale-

 

Date:
2月23日(金) 16:00〜20:00
2月24日(土) 12:00〜20:00
2月25日(日) 12:00〜18:00

 

Place:
"BOK Gallery"
東京都渋谷区神宮前3-21-17/JR原宿駅 徒歩7分・明治神宮前駅 徒歩5分

https://goo.gl/maps/o9rcUSpqgNt
 

Brand&Store:
NINE RULAZ / Lafayette / INTERBREED / POT OF GOLD / O.GEE BRIGHTNESS

 

 

 

 

 

 

そして合わせて、土曜/日曜の2日間はPOT OF GOLDでもこんな企画を開催

 

今週末2日間限定でPOT OF GOLDは古着屋になります

 

 

 

 

POT OF GOLD presents "2Days FLEA MARKET"

selected by WACKWACK & INTERBREED + more

 

2月24日(土) 〜 2月25日(日) / at POT OF GOLD

 

wackwackとINTERBREEDの両ブランドディレクターのUSED&VINTAGEコレクションを中心に、

他スタッフがセレクトしたUSEDアイテムも並ぶFLEA MARKET企画

 

ヴィンテージからレギュラーもの/現行レアアイテム/珍品まで、
USED,デッドストック,新品,,,,,全てごちゃ混ぜの大放出です。もちろんほとんどが1点もの。

 

この2日間店頭のみの特別企画となりますので是非お見逃し無く。

 

 

せっかくなので商品をチラっと。これでもまだ一部です。

 

 

180222_08.jpg

 

180222_09.jpg

 

180222_12.jpg

 

180222_13.jpg

 

180222_11.jpg

 

180222_05.jpg

 

180222_06.jpg

 

180222_04.jpg

 

180222_03.jpg

 

180222_07.jpg

 

価格は店頭でのお楽しみ。見た感じ全品相場よりは安いと思います。

中には小さめのサイズもあるので女性/カップルでも色々掘れると思います。90'sもの以外も結構有ります。

 

投入商品の一部はPOT OF GOLDのinstagremでも随時チラ見せされていく様ですので、

是非チェックしてみて下さい。

 

 

今週末は是非渋谷→原宿のコースで。

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2018.01.26 Friday

brand new kicks

 

年明けからバタバタと。少し間が空いてしまいました。

 

個人としては今年から本厄突入。

 

すでに激動の年となる予感がしますが例年以上にやる気みなぎってます。

 

ブランドとしても今年は色々な事に挑戦したいですね。

 

秋冬には設立10年を超えて11年め突入。

 

これまでやらなかった雰囲気のデザインなんかも造ってみたいです。

 

 

 

という訳で大変遅くなりましたが

 

 

 

 

180126_01.jpg

 

180126_02.jpg

 

 

 

開けまして

 

 

 

180126_03.jpg

 

 

おめでとうございます。

 

 

2018年もお付き合いの程、宜しくお願い致します。

 

 

しかし近年思うのはスニーカーが定価からして高い.....

 

色々欲しい今年は気をつけないといけないですね。

 

98の中でも特に思い出のカラー。ショーツ時期に下ろそうかな。

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2017.12.21 Thursday

Blog : 2017AW Outer Collection #2

model : Willy

photographer : MURAKEN

 

 

 

 

171221_06.jpg

 

171221_07.jpg

"Comfortable Hooded Coach"

 

 

 

 

 

171221_09.jpg

 

171221_08.jpg

"IB SPORTS Warm Truck Jacket"

 

 

 

 


171221_10.jpg

 

171221_11.jpg

 

171221_12.jpg

"Convertible Puff Jacket"

 

 

 

 

171221_05.jpg

 

171221_04.jpg

"Farmers Holiday Coat"

 

 

 

 

171221_01.jpg

 

171221_03.jpg

 

171221_02.jpg

"Opposite Sides Reversible MA-1"

 

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2017.12.20 Wednesday

Blog : 2017AW Outer Collection #1

 

model : Lyan

photographer : MURAKEN

 

 

 

171219_12.jpg

 

171219_11.jpg

"Comfortable Hooded Coach"

 

 

 

 

 

171219_07.jpg

 

171219_08.jpg

 

171219_09.jpg

"Multifunction Field Jacket"

 

 

 

 

 

171219_13.jpg

 

171219_14.jpg

"Indigo Dyed Corduroy Varsity Jacket"

 

 

 

 

 

171219_03.jpg

 

171219_02.jpg

 

171219_10.jpg

"Opposite Sides Reversible MA-1"

 

 

 

 

 

171219_05.jpg

 

171219_04.jpg

 

171219_06.jpg

"Convertible Puff Jacket"

 

 

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2017.12.14 Thursday

Blog : せっかくなら永く使える質の良い品

 

今週はいよいよINTERBREED 17AWのラストデリバリー

次の年の企画も並行して進めているとワンシーズンあっという間です。

街もだいぶ師走の空気感が出て来て、この1年早かったな〜と改めて感じます。

 

そんな2017年の締めくくりはもちろん、

INTERBREEDが毎年こだわって製作している、本革を使った革小物達。

 

今年も凄く良い革を見つけましたので、

国内工場の職人さんに1個1個丁寧に製作して頂きました。

 

一緒に革を選んで貰った職人さんが言うには、

このレベルの本牛革はハイブランドやビッグメゾンも選ぶ質の革だそう。

手に取って頂けると質の高さが伝わるかと思います。

 

自分はハイテク系の素材も好きですが、デニムやレザー等のいわゆるエイジング素材も大好き。

大切に長年使う事で徐々に体に馴染み、

その人の使い方やライフスタイルが素材に滲み出てそれが味となり、

世界に2つと無いオリジナルなものに成長して愛着が増す。

そんなエイジング素材のアイテムは、

大切な人への記念日の贈り物にはもちろん、1年頑張った自分への御褒美にも最適です。

プライベートでもビジネスでも使う必需品が新しくなるとモチベーションも上がります。

 

せっかくプレゼントするので有れば高品質で永く使え、愛着も湧く物が一番。

 

今年は4型製作致しましたが、

X'masでも誕生日でも、来年の入学祝い/就職祝いとしても、どれも喜ばれると思います。

 

全てロゴ刻印されたBOX入りとなります。

 

 

 

171214_02.jpg

 

171214_01.jpg

財布(大)/財布(小)/名刺入れ/キーケースの4型。

今年は2トーンの切替えデザインで、凄く綺麗な染め色に上がってます。

 

では順に

 

 

171214_00.jpg

 

171214_000.jpg

 

171214_07.jpg

 

171214_03.jpg

INTERBREED "Genuine Leather Bicolor Long Wallet" Blk×Blue/Blue×Yel ¥22000+Tax

 

上質な国産本牛革を使用した、豊富な収納力が魅力のロングタイプのウォレットです。

 

 

171214_05.jpg

 

171214_06.jpg

本体正面は2トーンカラーの切替えとなっており、中心部分にはINTERBREEDのロゴが刻印で入ります。

丁寧なステッチも良く効いてます。

 

 

171214_08.jpg

ポケット口はファスナー開閉となっており、

引き手のパーツにもINTERBREEDの刻印が入っております。

 

 

171214_09.jpg

収納力抜群の豊富なポケットが特徴の型となっており、

 

171214_10.jpg

真ん中のZipポケットは小銭入れ、

 

171214_11.jpg

 

171214_12.jpg

小銭入れを挟んだ両サイドには合計8カ所のカードポケットを配置、

 

 

171214_13.jpg

その他にも紙幣やレシート類を入れられる大型ポケットが6箇所付属。

丁度良い厚みながらも大容量の長財布となっております。

 

171214_04.jpg

ちなみに本体裏側は単色デザインとなっております。

 

財布は一度使い慣れると中々違うタイプにチャレンジ出来ない小物ですが、

二つ折りタイプとはまた違う高級感や迫力が有るロングタイプ。

"長財布はお金が貯まりやすい"なんて噂も有るとか無いとか....

 

これまでロング使った事ない方も是非この機会にいかがでしょうか。

 

 

 

 

続いてはショートタイプ

 

 

171214_15.jpg

 

171214_14.jpg

 

171214_16.jpg

INTERBREED "Genuine Leather Bicolor Wallet" Blk×Blue/Blue×Yel ¥13000+Tax

 

同じ国産本牛革を使用し、デザインもロング同様の2トーンカラーを落とし込んだショートタイプのウォレットです。

 

171214_18.jpg

こちらも本体正面にはINTERBREEDのロゴ刻印が入っており、

 

171214_20.jpg

ファスナーの引き手パーツにも刻印入り、

そして本体側面にはカラビナやカギ、ウォレットコードなんかを取り付けるのに便利なDカンが付属しております。

 

171214_21.jpg

一見普通の二つ折り型ですが、この財布はL字型にファスナーが付いたちょっと珍しい仕様となっており、

ファスナーを開けると真ん中に仕切りの様なポケットが1つ、

そしてその両サイドにはカードポケットが左右3カ所ずつ、計6枚のカードを収納可能です。

 

 

171214_22.jpg

 

171214_23.jpg

中央のポケットが小銭入れとなっており、それを包む様に紙幣を入れる仕組みとなっております。

 

少し珍しいタイプの財布ですが、この型の良い所は、

大きさと容量は通常の二つ折りタイプと変わらず、

観音開きにしなくとも紙幣/小銭/カードを取り出せる使い勝手の良さ。

そして二つ折りよりも厚みの出ないコンパクトさも特徴です。

 

 

171214_17.jpg

ちなみにこちらの財布も裏面は単色。

ロングよりもコンパクト派、という方は是非御試し下さい。慣れるとかなり使いやすいです。

 

 

続いてはキーケース

 

 

171214_24.jpg

 

171214_25.jpg

INTERBREED "Genuine Leather Bicolor Key Case" Blk×Blue/Blue×Yel ¥8000+Tax

 

こちらもウォレット類と同じレザーを使用した三つ折りタイプのキーケースとなります。

 

171214_26.jpg

正面にはロゴ刻印入り。

 

ちなみにこちらのキーケースの本体外側の配色は、

 

171214_29.jpg

ウォレットと違い全面単色デザインとなっており、

 

171214_27.jpg

その代わりに内側の革色を切り替えたデザインなっております。

 

171214_28.jpg

キーリングは全4個。

三つ折りにしてスナップボタンで留められるのでカギがガチャガチャせず、

尚かつパンツやバッグのポケット内でも嵩張らないコンパクトさが魅力です。

Dカンも付いているのでカラビナ等と組み合わせて便利に使えます。

 

 

ラストはこちら

 

 

171214_30.jpg

 

171214_31.jpg

 

171214_32.jpg

INTERBREED "Genuine Leather Bicolor Card Case" Blk×Blue/Blue×Yel ¥9000+Tax

 

同じ本牛革を使用し、キーケース同様に外側/内側で革色を切り替えたカードケース(名刺入れ)です。

 

 

171214_33.jpg

こちらも本体正面にはロゴが入っております。

 

 

171214_34.jpg

二つ折りタイプの内側には、マチの無い平面ポケットを1箇所配置し、

 

その逆サイドには、

 

171214_35.jpg

革職人さんには"肉盛り"と呼ばれる、

革をふっくらと立体的に型造りする技術を用いたポケットが付属します。

サイドにマチを縫い合わせるのではなく、一枚革を立体的に盛る事でマチ代わりとなるスペースを造り、

 

171214_36.jpg

何枚もの名刺/カードを収納出来る造りとなっております。細かい所ですが凄い職人技。

取り出しもスムーズだし、自分も長年このタイプの名刺入れ使ってますが相当使いやすいです。

 

171214_38.jpg

そして本体外側裏面にも1つポケットを付けております。ここは交通系カード入れに最適です。

 

 

社会人には必須アイテムの名刺入れ。

初対面の相手方には必ず見られる物ですし、

こういう細かい物にこそ、その人のセンスやこだわりが見え隠れしたりします。

 

見てる人は見てるけど見てない人は見てない物。

でもだからこそ、見られた時の為にしっかりとした物/カッコイイものを選びたいですよね。

初対面でも名刺入れ1つで話が膨らむ事も有るかも知れません。

 

1年間、沢山の人と会って挨拶して仕事した自分への御褒美にも丁度良い1品です。

 

 

 

ちなみ自分は何年も前に造った同型の名刺入れを愛用してますが、

 

 

 

 

そろそろ変え時かも知れません。。suicaの形もくっきり。

色もイイ感じに変わって来たし、柔らかくなったし手にも馴染んでるし、

最高に使いやすい状態なのですが、さすがに少し汚らしい域に入って来ましたw

 

でも改めて見てみて思うのは本当に頑丈ですね。

 

良い革を使って日本の職人さんが縫った物は、大切にすれば何年でも使えるって事だと思います。

 

名刺入れの年季は自分の仕事の年季でもありますが、

またFRESHな気分で良い仕事が出来る様、今年は買い替えてみようかなと思ってます。

 

 

 

毎年革小物はどのアイテムも数はあまり多く造っておりません。

この革質と何年も持つ造りでこの価格帯は中々無いと思います。

 

 

全て今週土曜日12月16日発売。

 

是非店頭で手に取ってみて下さい。

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2017.12.05 Tuesday

indigo染めの魅力

 

ここに来てindigoものも動きが良いので本日は改めて御紹介。

 

インディゴ、と聞いて誰しも真っ先に思い浮かべるのはやっぱりデニムですよね。

独特の、何とも言えない深みの有るブルーが特徴の染料なのですが、

その良さと言えば色合い/風合いだけでなく、色落ちを楽しめる経年変化。

 

デニムはパンツが一番色落ちが分かりやすいかと思いますが、

外部と擦れやすいヒザ/ケツ付近から先にインディゴが薄くなっていったり、

シワが入りやすいモモ付近は、

シワに沿ってインディゴが薄くなる、いわゆる"ヒゲ"と呼ばれる線状の色落ちが見られたり、

着る人それぞれのクセや動きによって色落ち具合が変わるのもインディゴの面白い所。

 

あんまり激しく擦れると他のものに色移りする事も有ったり、

洗濯時は必ず単体で洗わないと大変な事態が起きたり、多少の注意は必要ですが、

そんな事なんて気にならない位、

インディゴにはインディゴにしか出せない風合いの良さが有ります。

 

慣れてしまえば取扱いも難しく有りませんし、逆に手が掛かる事で愛着も湧いて来るというもの。

 

INTERBREEDではデニム生地を使用したアイテムも多くリリースしておりますが、

この秋冬はデニム以外のアイテムにもインディゴ染めを使用しております。

 

インディゴ染めのブルーの色合いは合わせるものを選ばず、

尚かつ落ち着いたシブい雰囲気で高級感が有り、年齢問わず着られるのも良い所。

一度ハマるとクセになる魅力が有ります。

"高級感"というよりもインディゴって実際に高級なのですがw、その値段に見合う価値が有ります。

 

 

まずはINTERBREEDの冬の定番アイテム、クルーネックニット。

個人的に好きなのも有り、毎冬様々なデザインのクルーネックニットをリリースしてますが、

今年は昨年人気だったケーブルニットをインディゴ染めの糸で編み上げたスペシャルVerで製作致しました。

 

雰囲気最高です。

 

 

 

 

171204_24.jpg

 

171204_23.jpg

 

171204_22.jpg

 

171204_25.jpg

INTERBREED "Indigo Dyed Hiding Logo Knit" Mid Indigo , Light Indigo M〜XXL ¥22000+Tax

 

インディゴ染めのコットン糸を使用し、

1枚に多種多様な編み方を用いる事でデザイン性も高めたクルーネックニットです。

 


カラーは、

 

171204_26.jpg

 

171204_27.jpg

インディゴ本来の深い藍色を残した"Mid Indigo"、

洗いを掛ける事で着古した風合いを引き出した"light Indigo"の2色展開となります。

 

 

171204_28.jpg

一言で"ニット"と言っても様々な柄を表現する編み方が有りまして、それが分かりやすいのが身頃部分。

 

171204_29.jpg

 

171204_30.jpg

ブロック状の編みを細かく並べた身頃中心部、

その横には魚の背骨の様な編み目、更にその外側にはらせん状の編み、

そしてそれぞれの隙き間には一直線のライン状の編み、と、

1種類の糸で様々な表情を生み出せる"編み物"の特性を最大限活かしたデザインとなっております。

 

様々なこだわりを詰め込んだ1枚ですが、

編み目の模様/配置以外にも地味にこだわった点が袖。

 

 

171204_31.jpg

この手のニットとしては珍しい、ラグランスリーブを採用した型となっております。

何故ラグランにしたかと言いますと、

いわゆるフィッシャーマンニットやケーブルニットって、見た目の雰囲気は凄く良いのですが、

袖部分にまでガッツリと編みで柄を入っている事で腕にまでボリュームが出てしまい、

上にアウター重ねた時なんかに内部でボコボコと嵩張るんですよね。動きにくいし何か重たいし。。

 

そんなケーブルニットの難点を解消すべく、袖部分は凹凸の無い平編みにアレンジし、

なおかつラグランスリーブにする事で肩のラインもスッキリ、

そして真冬に重ね着をしてもストレスの無い着心地を目指した仕様としております。

 

 

 

一見シンプルな割に細かなこだわりが詰まったニットですが、

それだけじゃ面白さが足りない、という事で、

"編み"という手法を活かした遊び心をバックに入れております。

 

 

良〜く見て頂けると分かりますが、後ろ身頃の中心部には....

 

 

171204_34.jpg

 

171204_35.jpg

 

171204_32.jpg

編みの凹凸で表現した"INTERBREED"のロゴが入っております。

こうして見ると編み物ってホント面白いですよね。

同じ糸でここまで様々な手法/編み方が出来る訳で、発想次第でもっと色々な事が出来そうです。

 

では着用行ってみましょう

 

 

171204_36.jpg

 

171204_37.jpg

 

171204_38.jpg

 

171204_40.jpg

 

171204_39.jpg

 

171204_41.jpg

*178cm/62kg・Lサイズ着用

 

ニットやセーターってあまり着ない、って方も案外多い気がしますが、

おそらく1つの要因として考えられるのが、何かおじさんっぽくなってしまうというイメージ。

その点このニットは、本来スポーツものの仕様であるラグランスリーブを取り入れる事で、

ニットの良さである落ち着いた印象はそのままに、よりカジュアルな雰囲気で着やすいデザインに仕上がっております。

 

あとニット系最大の問題であるチクチク問題。そちらに関してもコットン100%なので一切無し。

首まわりもベーシックなクルーネックなので、

クルースウェットと同じ感覚で着られ、クルースウェットよりも大人っぽいコーディネートが作れます。

 

カシミアやウールと違い、コットンなのでクタっとして来た頃も凄く良い雰囲気が出そうな1枚。

是非チェックしてみて下さい。

 

 

 

 

そしてニットと同時リリースでインディゴものがもう1点。

 

 

今季のトレンドとなっている素材をインディゴで染めてアウターを制作致しました。

ガンガン着て擦れまくった頃の雰囲気も凄く楽しみな1着です。

 

171204_01.jpg

 

171204_02.jpg

 

171204_03.jpg

INTERBREED "Indigo Dyed Corduroy Varsity Jacket" M〜XXL ¥26000+Tax

 

インディゴ染めの珍しいコーデュロイ生地を全面に使用したスタジャンです。

 

コーデュロイ特有のクラシカルな生地感とインディゴの色味が最大限活きるシンプルなデザインとなっており、

 

171204_05.jpg

表地のコーデュロイは合わせやすい細うねタイプとなっております。

インディゴの染め具合/色目も高級感たっぷり。

凹凸の有るコーデュロイ生地だけに、デニムとはまた違ったアタリ感が出そうで凄く楽しみです。

 

 

171204_04.jpg

型は首リブ仕様のベーシックなスタジャン型となっており、

 

171204_09.jpg

左胸には"INTERBREED"のロゴがスクリプトフォントの刺繍で入ります。

 

171204_06.jpg

前合わせはシルバーのスナップボタン仕様で、ボタントップにはINTERBREEDの刻印が入っております。

インディゴブルーにシルバーが良く映えます。

 

 

171204_07.jpg

クラシカルでイナたいスタジャンをイメージしましたので肩はラグランではなくセットイン仕様、

 

171204_08.jpg

ガッツリ太めに取ったアームのボリューム感もイイ感じです。90'sの匂いがプンプンします。

 

 

171204_10.jpg

袖リブ/裾リブは共にホワイトのライン入り。

 

ちなみに前出の画像を見て頂けると分かりますが、首リブはライン無しの単色リブとなっております。

首周りにラインを入れない事でスポーティさを少し薄れさせると共に、

パーカとレイヤードした際にも首付近の色使いがゴチャつかず、より合わせやすいデザインへとアレンジしております。

 

 

171204_12.jpg

裏地はスタジャン王道のキルティング仕様。軽量かつ防寒/保温性もバッチリです。

 

171204_11.jpg

背面は無地となっております。

 

 

 

171204_13.jpg

 

171204_21.jpg

 

171204_16.jpg

 

171204_17.jpg

 

171204_18.jpg

 

171204_15.jpg

 

171204_14.jpg

 

171204_19.jpg

*178cm/62kg・XLサイズ着用

 

80s後半〜90s特有のスタジャンのシルエット/フォルムをイメージして制作した1着。

着た画像だとそれがより伝わりやすいかと思いますが、

ボリュームたっぷりのアームや身幅をリブでキュっと締めることで独特の丸みを出し、

よりクラシカルな雰囲気を強調したデザインとなっております。

 

アイテム自体はスポーツものですが、

コーデュロイの生地感やインディゴの風合いが良いバランスでスポーティさを中和しており、

合わせやすく様々なコーディネートを造れ、なおかつ年齢問わず永く愛用頂ける1着に仕上がっております。

 

 

ちなみにこちらのアウター、

リブの仕様や胸の刺繍でピンと来た方がいらっしゃったら凄い記憶力

 

デザインこそ全く違いますが、昨年大変ご好評頂きました、

 

こちらのJKTと同じパターンで制作しております。

このJKTの形がバッチリだった、という方は今年のindigoコーデュロイ版も同じ雰囲気で着用頂けると思います。

 

 

インディゴ染めのコーデュロイ生地という、高級志向バリバリの仕様の割に2万円台。

そんな要因も有ってか勢いある動きで在庫はすでに残り僅か。

 

 

インディゴの良さ/楽しみを存分に味わえるニットとアウター、

共に発売中となっておりますので、気になる方は是非お早めに店頭でお試しください。

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2017.12.01 Friday

Blog : プレゼント選びに是非

 

12月に突入という事で、

そろそろX'masプレゼントの候補をチェック、なんて方も多いのではないでしょうか?

 

そんなタイミングに合わせ、今週は小物雑貨、

そして部屋や職場を彩るインテリア系がデリバリーとなります。

 

メインのプレゼントのオマケ的な感じにも、

そしてX'masに限らず、引越し祝いやちょっとした贈り物にも丁度良いアイテムが沢山。

 

 

まずは毎シーズン御好評頂いている、国産セルビッチデニムを使用したシリーズ"Selvedge Supply"から。

 

使い込むごとに経年変化や味を楽しめるデニムはインテリアや日用雑貨にも最適。

 

部屋の雰囲気もグっと増します

 

 

 

 

171202_11.jpg

 

171202_10.jpg

INTERBREED Selvedge Supply “Indigo Magazine Rack” ¥10000+Tax

 

世界的デニム産地、岡山県児島のセルビッチデニムを無垢のウッドと組み合わせたマガジンラックです。

 

 

171202_12.jpg

 

171202_18.jpg

 

171202_16.jpg

 

171202_17.jpg

本体はデニム生地を使用し、

ウッドの骨組みをX型に組む事で折り畳みも可能なマガジンラックとなっております。

 

 

171202_13.jpg

本体正面にはポケットが2個付属、

ポケット口にセルビッチを配置したデザインとなっております。

 

セルビッチは他にも、

 

 

171202_14.jpg

本体上部の裏側にも使用。そして純国産の証、MADE IN JAPANのタグが付属します。

 

 

171202_15.jpg

本体は少し深めの設計しておりますので、

マガジンラックとしてはもちろん、様々な用途で活用頂けるかと思います。

 

存在感有るサイズのデニムインテリアはリビングの雰囲気造りに最適。

デニムの落ち着いた風合いはどんな部屋にもスっと馴染みます。

 

 

 

続いてはマガジンラックと是非セットで使いたいアイテム。こちらも凄くイイ感じです。

 

 

171202_22.jpg

 

171202_21.jpg

 

171202_24.jpg

 

171202_19.jpg

 

171202_23.jpg

 

171202_20.jpg

INTERBREED Selvedge Supply “Indigo Room Shoes 26cm,28cm ¥4200+Tax

 

マガジンラック同様、国産セルビッチデニムを使用したスリッパです。

男女共に御使用頂ける様、

ユニセックス設定の26cmとメンズサイズの28cmの2サイズ展開となります。

 

こちらは甲部分にセルビッチを配置したデザインとなっております。

ガッチリとした造りながら履き心地の良く軽量、

かつインソール部分のクッション性も効いた仕様となっております。

 

タフなデニムは履き物の素材にもピッタリ。

色落ちして来た頃もカッコ良さそうです。

 

 

 

 

そしてデニム小物のラストはこちら。

 

 

久々にクマ立体化委員会が活動再開致しました

 

 

 

171202_05.jpg

 

171202_07.jpg

 

171202_02.jpg

 

171202_01.jpg

INTERBREED Selvedge Supply “Indigo Teddy Bear” ¥5000+Tax

 

国産セルビッチデニムを使用したベアーのぬいぐるみです。

中身というか肉?、は綿が入っております。

手足は胴体とスナップボタンで結合しておりますので、両手/両足が稼動します。

形状の都合上、手足が外れやすい事も有りますが、外れた時はすぐにハメてあげて下さい。

 

こちらは胴体の中心部分にセルビッチを配置したデザイン

 

大きさは、

 

171202_08.jpg

 

171202_09.jpg

これ位のコンパクトなぬいぐるみとなります。

 

赤いリボンでお洒落したベアー、

X'masのメインプレゼントとセットで、なんて使い方も気が利いてて喜ばれると思います。

 

 

 

 

そして今週はデニムシリーズだけでなく、

今季大好評頂いたあのコラボシリーズからプレゼントに最適な小物が登場。

 

 

Lauryn Hillのオフィシャルフォトを使用した、

写真家Adama Delphine Fawunduとのコラボレーションコレクション、

"L.Boogie Collection"

のラストを飾るのは高級感溢れる1品となります。

 

 

171202_31.jpg

 

171202_30.jpg

 

171202_26.jpg

 

171202_27.jpg

Adama Delphine Fawundu × INTERBREED "3MC’s Genuine Leather Pouch" ¥15000+Tax

 

本体全面に高級感溢れる本牛革を使用し、The Fugees時代の貴重なフォトを大胆にレイアウトしたレザーポーチです。

 

 

171202_28.jpg

裏面はシックなブラックの本革仕様。中央にはINTERBREEDの刻印を配置しております。

 

171202_29.jpg

表面も本革仕様となっており、レザーの表面にフォトをプリントしております。

 

 

大きさは縦23cm×横31.5cmと、女性のクラッチバッグとしても最適な大きさ。

 

171202_32.jpg

懐かしのFRONTマガジンも丁度入ります。

 

レザーならではの高級感が漂う1品は、

ブラックミュージック好きの女の子にとってもこれ以上無いプレゼントではないでしょうか。

質の高いレザーを使用した超少量生産となります。

 

 

 

全て明日12/2(土)発売となります。

 

 

是非お早めにチェックしてみて下さい

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2017.11.30 Thursday

3Days POP UP SHOP at DAIKANYAMA T-SITE

 

いよいよ12月に突入という事で今年も残り1ケ月....

毎年ですが、この1年なんだったんだって位早いですよね。歳取ってくるとより早く感じます...

 

そんな年の瀬に素敵なイベントのお誘いを頂きましたので、INTERBREEDも参加させて頂く事になりました。

 

 

場所は代官山の蔦屋書店と同じ敷地内に有るギャラリー

 

 

"代官山蔦屋書店"

行かれた事有る方も多いと思いますが、

カフェ併設でゆっくり本を選べる、書店とは思えない雰囲気のお洒落スポットですが、

書店の奥に行きますと、

 

 

"DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY"

こんなギャラリーがございます。

 

こちらのギャラリーで、

いつもお世話になっているLafayetteさんが12月11日(月)〜13日(水)POP UP SHOPを開催という事で、

取扱いブランドとしてINTERBREEDも1ブース参加させて頂く事になりました。

 

 

 

 

 

171130_01.jpg

Lafayette、INTERBREED以外にも、

EYEWEARブランド"SUNKAK"、スニーカーケア用品の"O.GEE BRIGHTNESS"、

そして更にペインター"NOVOL"氏(ライブペインティング有り)、と、

様々なブランド/アーティストが集まって開催するPOP UP STOREとなります。

 

 

 

 

ちなみにINTERBREEDのブースは......

 

 

 

 

171130_02.jpg

 

171130_04.jpg

 

171130_03.jpg

 

今季御好評頂いております、フォトグラファー Adama Delphine Fawunduとのコラボレーションコレクション、

Adama Delphine Fawundu × INTERBREED "L.Boogie Collection"

のフルラインナップを一同に集めたPOP UP SHOPとなります。

 

 

-Adama Delphine Fawundu × INTERBREED "L.Boogie Collection" POP UP SHOP-

 

<場所> DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY

<期間> 2017 12/11(MON)〜13(WED)

<営業時間>

11(MON) 12:00-20:00
12(TUE) 11:00-20:00
13(WED) 11:00-18:00

 

 

代官山に集う方々にどういう反応を頂けるか、個人的には未知の領域なので楽しみです。

 

平日となりますが是非お仕事帰りにでもお立ち寄り下さい。

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2017.11.25 Saturday

Blog : 両A面アウター 本日11/25発売です

 

日付変わって本日11/25(土)は今季のコレクションの中でも、

1,2を争うお問い合わせ数を頂いているアウターがリリースとなります。

 

先日御紹介致しましたコンバーチブル仕様のJKT同様、

かなり手の込んだ造りなので細部の仕様には凄く頭を悩ませました。

 

こちらも高機能素材を使用したアウターで、今回造りたかったのは"完璧なリバーシブルJKT"

 

完璧な、と言いましても何において完璧なのか?という点ですが、"リバーシブル機能として"完璧な1着


リバーシブルの洋服自体は世の中にちょいちょい有りますが、

大抵がメインのA面/オマケのB面、という様なイメージですよね。

 

A面はバッチリでも、

B面単体で見るとカラーリングや形に無理が生じていたり、細部見ると詰めが甘かったり、

デザイン面に妥協された部分が見受けられるから結局の所はA面しか着ない、みたいな....

 

 

そもそものデザインが全くの別物で、その日の気分に合わせてどちらの面で着るか迷える、

尚かつ両面ともに単体で見ても成立している両A面のリバーシブルJKT。

それでいて素材は高機能付き。

 

そんな理想を追求して造った1着は、

サンプル時点で"お〜(笑)"と笑ってしまうほど、リバーシブルとして面白い仕上がりになっております。

 

 

素材はコンバーチブルJKTと同じく、

両面の表地には撥水機能を備え、軽量かつ高級感有る"DELTAPEAK®"を使用、

そして中綿には発熱機能を備えた特殊繊維"SUNBURNER®"から造られた中綿を使用。

悪天候でもOKかつ、保温性/防寒性の高いスペックとなっております。

 

 

2色展開のまず1色めはこちら

 

 

171125_02.jpg

 

171125_01.jpg

 

171125_03.jpg

*178cm/62kg・XLサイズ着用

 

型はリブ付きのブルゾンタイプの中綿JKTとなっており、

身幅/アーム共に良いボリューム感の有る、雰囲気抜群のシルエット/フォルムとなっております。

 

分かる方にはピンと来る、上下二分割のデザインは90年代のP●LOの名作JKTをサンプリング。

袖にはDELTAPEAK®ロゴのリフレクトプリント、

比翼部分上部には"SPORTS"のプリントが生地と同色で入ります。

 

171125_04.jpg

 

171125_05.jpg

中綿のソフトなフカっとした質感が外見からも感じられます。

光沢抑えめな表地も凄く高級感有り。

 

 

そしてこちらを裏返すと....

 

 

171125_07.jpg

 

 

171125_09.jpg

 

171125_08.jpg

 

171125_10.jpg

先ほどのスポーティなデザインから一変、

フライトJKTの大定番MA-1として着られる仕様となっております。

カラーの説明が少しややこしくなりますが、Black×Blueの裏面はOliveのMA-1です。

 

MA-1面はディテールにも特にこだわった造りとなっており、

比翼部分の山型ステッチやシガレットポケット等、

SPORTS面と異なったディテールの仕様にする事で、

リバーシブルJKTながらも、MA-1としても本格的な造りの1着となっております。

 

もう1つのポイントが袖/裾/首周りのリブ色。

 

両面それぞれ違和感が出てないので言われないと案外気付かない部分ですが、

全く異なるボディカラーを1着にMixさせる為、

全てのリブを折り返しに合わせてカラーも切り替えたオリジナルリブとなっております。

 

リバーシブルでリブ付きだと、大体が両面同じカラーのリブになっているんです。

そうする事で生産効率は当然良いのですが、

リブカラーが単色だと、裏面のボディカラーに合わないケースが出て来てしまいますよね。

要はこのJKTで言うと、Black×Blueの面にオリーブのリブが付く事になってしまいますし、

逆にそのオリーブのリブに合わせてデザインしてしまうと造りたい両A面にはならない訳で。

 

そういった制限を打破すべく、リブのカラーも半分/半分で切り替えるという製法をとっています。

 

 

ちなみに左胸に付いたシガレットポケット、

少し大型にアレンジする事でよりポケットとして使いやすい形状にアレンジしておりますが、それだけでなく、

 

 

171125_12.jpg

 

171125_13.jpg

ベルクロで取外し可能となっておりますので左肩部分にも移動可能です。

SPORTS面で着る時には取り外す事で、内側で邪魔になる事もありません。

 

 

 

そしてもう1色がこちら

 

 

 

171125_14.jpg

 

171125_15.jpg

 

171125_20.jpg

SPORTS面がBlue×Yellow

 

 

こちらを裏返すと.....

 

 

171125_17.jpg

 

171125_18.jpg

 

171125_21.jpg

 

171125_22.jpg

BlackのMA-1に変身します。

内側のSPORTS面のビビットなカラーリングがチラっと見えた時もデザイン性が感じられてイイ感じです。

 

 

*178cm/62kg・XLサイズ着用

171125_16.jpg

 

171125_23.jpg

 

 

 

171125_06.jpg

 

171125_11.jpg

INTERBREED "Opposite Sides Reversible MA-1" M〜XXL ¥34000+Tax

 

毎日着ていても、SPORTS面/MA-1面を交互に繰り返せば同じJKTを着ているとはおそらく誰も思わないはず。

リバーシブルJKTとして高い完成度に仕上がっておりますし、

単純に洋服としても面白い、遊び心も感じられる1着となっております。

 

こうして見ているだけでもかなり沢山のコーディネートを組めそうですし、

シルエットもベーシックなMA-1型で飽きが来ず、高級感溢れる素材も撥水機能と発熱機能を搭載。

造りも良いので永く着られ、それを考えるとコストパフォーマンスも凄く高いと思います。

 

 

本日11/25(土) 発売

 

 

是非店頭で実物を手に取ってみて下さい

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

2017.11.22 Wednesday

Blog : 寒ければ寒いほど発揮

 

今季INTERBREEDの17AWシーズンコレクションは、

アパレル/雑貨/小物含めて約60型ほど製作しておりますが、その中でも特に型数を使ったのが機能素材もの。

 

今の世の中、特にファッションにおいては、

デザインが良いもの/形が良いものは当たり前、さらには安い物から高いものまで、

本当に"どんなものでも選択肢が幾らでも有る"という、完全に供給過多とされている状況の中で、

それらと差別化出来る付加価値となると"機能"しかないだろう、と言われていて、

機能素材は今これまでにないほど注目されています。

 

そういう流れも有って、今季INTERBREEDでも様々な高機能素材を使用しておりますが、

その素材供給に協力頂いたのが、機能素材開発において最先端/最大手とも言える日本企業TEIJIN.

 

"だけじゃないTEIJIN"という耳に残るフレーズのテレビCM位でしか馴染みが無い方も多いかも知れませんが、

TEIJINの素材、と公表されていないだけで実は様々なブランドの商品に採用されていたりもします。

 

先日、自分も初めて知ってビックリしてinstagram(@interbreed03)にポストしましたが、

Air Jordan7のアッパーの素材は発売当時からその後の復刻まで、

TEIJINが開発した"エアリー"という素材が使われているんですね。

担当者さんに聞いた所、Air Jordanは他にも幾つかのモデルで同素材が使用されている様で、

他にもウェアの方も実は色々採用が有るそう。

 

ちなみにINTERBREEDが今季使用した素材でも、

こちらの発熱するスウェット生地なんかは、某三本線///のメーカーでも使用されているとかいないとか。

 

そんな高機能素材をこれまで以上に色々と使用させて貰える環境が出来た今季、

購入頂いた方や友人から特に良く言われるのが"この服凄いね"という言葉。

 

"これカッコイイね"とか"シルエットいいね"と言って頂ける事は有ったとしても、これまで服を造って来て、

"これこんな軽いのに滅茶苦茶暖かくてマジ凄いね"、とか、

"綿100みたいな着心地なのにすぐ乾くし凄いね"とか、"凄い"って言われる事って無かったんですよね。

素材に対しての"凄い"なので全くINTERBREEDの力では無いのですがw、

でもINTERBREEDを通してその機能素材の凄さを実感して貰え、新鮮な感想が聞こえて来るので凄く嬉しいですよね。

 

機能なので実際着てくれた人しか分からない部分ですが、

実際自分もこの冬はINTERBREEDから出している色々な機能素材アイテムを身につけており、

秋冬向けの機能素材を選んで使っただけあって、

気温が下がれば下がるほど、分かりやすくそれを実感/体感出来るので凄く面白いですし、

最終的には、服造ってる自分達も単純に"凄い"という感想に行き着いてますw

 

そんな機能素材企画、スウェットやライトアウターに始まり、先週末よりいよいよヘビーアウター系が発売となりました。

 

ヘビーアウター、と言っても重さは超軽量なので若干ややこしいですが是非一度着てみて欲しい1着です。

 

 

凄いんで

 

 

 

171121_01.jpg

 

171121_02.jpg

 

171121_04.jpg

 

171121_05.jpg

 

171121_06.jpg

INTERBREED "Convertible Puff Jacket" Black,Olive ¥30,000+Tax

 

生地/中綿いずれにも高機能素材を使用し、素材の機能だけでなく、

何通りもの着方が可能な製品の機能にもこだわったハーフZipタイプのプルオーバーJKTです。

 

まず外生地には、

 

171121_07.jpg

撥水機能を備えた軽量素材"DELTAPEAK®"を使用しております。

DELTAPEAK®の良さはその撥水/軽量機能はもちろんなのですが、個人的に一番気に入っているのが質感や高級感。

極限まで目が細かく織られているのに凄くしなやかでソフトな生地感。

なおかつ光沢も抑えめで染めの発色も良く、手に取った瞬間に違いが分かる素材感です。

 

続いて中綿には

 

171121_08.jpg

体内から出る湿気を吸って発熱する特殊繊維"SUNBURNER®"から造られた中綿を使用しております。

前述の発熱するスウェットも同じ"SUNBURNER®"の繊維で出来ているのですが、

要は生地の前の段階の繊維なので、生地に織り込む事も出来れば綿(わた)状に加工する事も出来るんですね。

そしてこの中綿は機能と共に軽さも特徴。一般的に使われる中綿よりも断然軽いです。

 

中綿自体が発熱するという事で、こちらのJKTでは通常の中綿JKTよりもやや薄めの厚さで入れています。

プルオーバータイプですし、多分この中綿をパンパンに入れると暖かいというよりも暑くなってしまうので。

見た目にも丁度良いボリューム感になっているかと思います。

 

 

171121_09.jpg

型はハーフZIPのプルオーバータイプとなっており、

 

171121_10.jpg

 

171121_11.jpg

 

171121_12.jpg

丸型のフードはアゴまでバッチリ覆える極寒対応の仕様。

フード内部にも薄く中綿を入れて有りますのでフードの立ち具合/ボリューム感も良い雰囲気です。

 

 

171121_13.jpg

 

171121_14.jpg

胸部分のハーフZIPは身頃と同色となっております。

 

ハーフZIP下には横一線にフラップが付属しており、

 

171121_15.jpg

フラップをめくるとZIPポケットが付属しております。

 

こちらの腹ポケットは二重ポケットとなっており、上記のZIPポケットの他、

 

171121_16.jpg

両サイドにも手を入れられるポケットが付属した仕様となっております。

 

 

171121_17.jpg

袖口はゴム+ベルクロ仕様。

左袖口の上には小さく"DELTAPEAK®"のロゴがリフレクトプリントで入ります。DELTAPEAK®はロゴもカッコイイです。

 

 

171121_18.jpg

裾にはドローコードが通して有り、左サイド裾に付属するストッパーを使ってお好みの裾幅に調整可能です。

 

 

171121_19.jpg

逆側の右サイドにはZIPが付属しており、プルオーバーJKT特有の脱ぎにくさを解消すると共に、

着用時に少し暑くなった際に開ける事で、ベンチレーション機能としても活用出来る仕様となっております。

 

 

171121_21.jpg

裾は後ろ身頃が緩やかにラウンドしたシルエット。

着用時にも綺麗な曲線が保たれ、さりげないデザイン性を感じられるポイントとなっております。

 

 

そして素材以外の仕様面でこのJKT最大の特徴となっているのがこちら。

 

 

171121_22.jpg

 

171121_23.jpg

 

171121_24.jpg

 

171121_25.jpg

 

171121_26.jpg

フード/両アームはいずれもZIPによって身頃部分と接続されており、

それらを着脱する事で、1着で様々な着方を楽しめるコンバーチブル仕様となっております。

フードを取外すだけで少しスッキリとした印象の立ち襟プルオーバーJKTとなり、

袖を外せばベストとして着用出来る仕様。袖だけ外せばフード付きのベストになります。

 

ちなみに中綿を少し薄めに調整したのはこの仕様にも関連が有りまして、

薄めの綿量にする事でインナーベストとしても活用出来る1着となっております。

プルオーバータイプなのでインナーベストとしても最強の保温性/防風性だと思います。

 

 

では着用一気にいきましょう

 

 

*178cm/62kg・XLサイズ着用


171121_40.jpg

 

171121_43.jpg

 

171121_38.jpg

 

171121_39.jpg

 

171121_44.jpg

 

 

171121_27.jpg

 

171121_32.jpg

 

171121_33.jpg

 

171121_34.jpg

フードを取外した状態

 


171121_35.jpg

 

171121_36.jpg

 

171121_37.jpg

袖も外してインナーベストとして着用

 

 

171121_30.jpg

 

171121_29.jpg

 

171121_28.jpg

 

171121_45.jpg

 

171121_46.jpg

 

171121_47.jpg

 

171121_48.jpg

 

171121_31.jpg

ボリューム感有る身幅やアームで、丸み有るフォルムも雰囲気良いシルエットとなっており、

後ろ身頃のラウンド具合も上手く効いており、本気のミリタリーもの等とはまたひと味違う、

デザイン性/ファッション性も感じられる1着となっております。

 

コンバーチブルもので良く起きる問題が、パーツが取外せるのは分かるけど、

それが逆にそもそものシルエットやデザインに影響してしまって形が変、とか良く有りがちですが、

接合位置や接合パーツのサイズにも配慮する事で、

フードJKT/立ち襟JKT/ベストと、

どの様な形で着てもそれぞれが完成度の高い1着となる様製作しております。

 

流行り廃りなく、尚かつ年齢問わず永く着られるデザインでコンバーチブル仕様、

更に撥水/発熱の機能を備えていて超軽量。

 

 

気温が低い時ほど機能を実感出来る、ツラい冬場が少し楽しくなる1着。

 

先週土曜日に発売開始となり、早い動きを見せておりますので気になる方は色/サイズが残っている内にお早めに。

 

 

 

 

INTERBREED

Instagram (Brand) : interbreed_official

Instagram (Director) : interbreed03

Web Site : interbreed.biz

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Selected Entries
Mobile
qrcode
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM