2015.03.26 Thursday

"PRIME TIME 15th Anniversary Tee" by INTERBREED

 

ダンスをやられている方にはもはや説明不要のチームですが、
George
君/SONNY君/YOSHI-ZO/YU-KIの4人からなるダンスチーム、
"PRIME TIME(プライムタイム)"が99年の結成から昨年で15周年を迎え、
それを記念した大
Anniversaryイベントが来週4/5(日)渋谷Harlemにて開催されます。

凄いですねーー。15年間は本当に長いですよ。凄い。

自分がPRIME TIMEの皆に初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。

INTERBREEDは今よりももっと全然規模が小さく、駆け出しで
まだまだこれから、って頃に、
"歳も一緒だしお互い絶対合うから"と、とある友人に紹介して貰い、
そこから度々雑誌のモデルをお願いしたり展示会に遊びに来て貰ったり、
何か有る度にいつも快く協力/サポートして貰ってます。

自分は90年代前半に見たダンサーのファッションに強烈なインパクトを受けて惹き付けられ、
その雰囲気/空気をデザインのイマジネーションの1つとしていたので、
実際に第一線で活躍してるダンサーさん達がINTERBREEDを知ってくれていたのが凄く嬉しく、
初対面からファッション/音楽等、色々な話で質問攻めしてたのを今でも良く覚えています。

その後もショーケースやPVの衣装で度々使って貰ったり、
SONNY君にはINTERBREEDを気に入ってくれてるUSのダンサーが来日したら紹介して貰ったり、
本当に色々お世話になって来ました。


メンバー4人が揃った場に初めてお邪魔した時の印象は、
とにかく尋常じゃない位に4人仲良しなんだな〜w、という印象。
会った事有る方は全員感じるかと思いますが、とにかく仲が良さが凄いんです。
羨ましい位。

そこから何年も経った今も変わらず、

チームとしても個々としても、
クラブシーン/メジャーシーン問わず更に大活躍の4人。
誰でも知ってるとんでもないBigアーティストのバックで踊ったりもしています。

それぞれが大仕事/大舞台を持つ
鬼ハードスケジュールの今でも
全国各地のスクール/アーティストのツアー回り/クラブショーケースまでこなした上で、
更に深夜のチーム練も欠かさない訳で本当に凄いですよね。

同い年なのに事務所の階段を昇り降りするだけでヒザが重くなる自分には考えられません。。



そんなPRIME TIMEから先日、
"15周年の記念にもなる様な物を作りたいんだけどメンバーで話し合った結果、
 やっぱりずっと前からお互い知ってるINTERBREEDに何か作って欲しい"
という光栄過ぎる連絡を頂きました。

自分も
どこかのタイミングでこれまでの恩を少しでもお返し出来るタイミングが有れば、
と、ぼんやりずっと思っていたのでこれ以上無い機会。
何か言葉では上手く言えないですが純粋に凄く嬉しかったです。


この組み合わせならではの遊び心有るデザインを造ろう、
という事でデザインのイメージを聞くと、

"PRIME TIMEとしての活動が一気に増えた2000年代前半の感じのクマを"


2000年代前半の感じのクマで〜、って知らない人が聞いたら何の話かと思われそうですが、
その当時独特の雰囲気の象徴って言えば、






やはりこの辺りなんじゃないか、

という感じで試行錯誤を重ねて完成致しました。











"PRIME TIME 15th Anniversary" SS Tee by INTERBREED

メンバー4人をベアーに置き換え、2000年代前半のイカつくて
ちょっとイナたい感じ、
そして少しブリンブリンしたあの頃のクロい感じをイメージしてコラージュで表現してみました。

カラーはBlack/Gray/Red/Whiteの4色で、サイズはS〜XXLまで。

販売は下記Anniversaryイベント当日、会場(渋谷HARLEM)にて販売されます。

しかもイベントは昼の部/夜の部の二本立て。この人達はどこまでタフなんでしょう...





[PRIME TIME 15th Anniversary -DAY TIME-]







[PRIME TIME 15th Anniversary -NIGHT TIME-]


普段スクールで教えてるKidsダンサー達も来れる様にと昼夜二本立て。
さすがに蒼々たるダンスチームが勢揃いしていますね。とんでもない面子。

イベントの詳細はコチラに全て載ってましたのでチェックしてみて下さい。


コラボTeeの方は、
PRIME TIMEと親好の深いSHOPさん/スタジオさんでも少量販売するかも知れない、
との事ですが、
イベント会場での状況次第では無くなる可能性ももちろん有り。
価格も今回はイベント仕様のお祝いプライスになっているかと思います。

販売に関しての詳細はPRIME TIMEメンバーのinstagram等で随時告知されると思いますので、
気になる方はそちらもお見逃し無く。




最後になりましたがPRIME TIMEの皆さん、15周年本当におめでとうございます。

全く変わらぬメンバーで15年間好きな事を追求し、継続するのは本当に
難しいし素晴らしい事だと思います。

体1つが資本の仕事。くれぐれも体には気をつけて変わらず突っ走って下さい。



4/5のHarlemは丸々一日PRIME TIMEのお祝い。
良いSHOWも見れますので是非皆さんチェックしてみて下さい。


(INTERGREED)
2015.03.25 Wednesday

"Back Stage Pass"

 

昨年2014年8月31日にLIQUIDROOMで行なわれた、
NORIKIYO君のワンマン"花水木 Tour Final at LIQUIDROOM"のDVDが本日3/25発売開始。


普段見れないバックステージの模様/雰囲気も納められてますので、
生で見た方も当日行けなかった方もこの機会に。

本当に物凄いLiveだったので
是非皆さんにも見て欲しいです。


"Back Stage Pass" NORIKIYO 花水木Tour Final 2014.8.31





曲順/構成も全部が素晴らしいLiveでしたが、
会場に居る全員が一気に爆発した"一網打尽"のアノ瞬間は本当に忘れられません。
動画見てまた鳥肌立ちました。

DVDゲットしたらまた家でゆっくり見ようと思います。


(WU)

2015.03.20 Friday

"PLAYBOY×INTERBREED" Collaboration Collection #1

 

Instagram(@interbreed03)でも告知を開始致しましたが、
この春夏のコラボレーション企画第1弾が今週土曜、明日3/21にいよいよリリースとなります。

雑誌等で御覧頂いた方も多いかと思いますが、今季のコラボのお相手は....






















1953年創刊、説明不要のUSを代表する娯楽誌/ブランド、
"PLAYBOY"とのオフィシャルコラボレーションコレクションとなります。


長きに渡り"趣味のよい/質の高い"ヌード写真の掲載にこだわるPLAYBOY誌、
単なる雑誌の域を超えてもはや1つのカルチャーとして世界中で認知されており、
グラビアに採用された"プレイメイト"と呼ばれるモデルは、
PLAYBOY誌のグラビアに登場することを登竜門に出世していくモデルも多い事で知られています。

そして御存知の方も多いと思いますが、
世界数カ国に"PLAYBOY Casino"をOPENさせたり、
創刊者のヒュー・ヘフナーの自宅であるLAの噂の大豪邸"PLAYBOY Mansion"等、
いち雑誌とはスケールの違う圧倒的な存在感を今なお示しています。

個人的に一番気になるのがその"PLAYBOY Mansion"

wikiでヒュー・ヘフナーを見ると少し出て来ますが、
自身と正妻、そして複数のプレイメイトがその"PLAYBOY Mansion"で生活している模様。
噂では数々のハリウッドセレブ等もお忍びでそのMansionに遊びに来る様で、
そこでは一体何が行なわれているんでしょうか.....

そういった少し謎めいた部分もPLAYBOYの大きな魅力の1つだと思います。

"PLAYBOY Mansion"、以前グーグルマップで近所を徘徊した事が有りますが、
とにかく豪邸のレベルを遥かに超えてもはや王様の城....
この規模の豪邸を立て、
更に正妻と一緒にプレイメイトも住まわせる時点でもう全てを超越してます。

ちなみに、上にあげたバイクとスケートの動画はPLAYBOY Mansion内で撮られたもの。
やはりこの"センスの違い"もPLAYBOYならでは。カッコイイです。




女/ギャンブル/金/パーティ....
と、男なら誰しも一度は憧れる世界観を現実のものとして魅せるPLAYBOY。

今回コラボレーションのデザインをするにあたり、
INTERBREEDでは"カジノ/ギャンブル"という部分に着目して企画致しました。

ルーレット台やチップ等に多く用いられるカラーリングと共に、
ギャンブルで一攫千金/一発逆転、
といった少し危険で男らしいスリリングな要素をイメージしてデザインに落とし込んでいます。

アイテム的にもかなり造り込んだものが多く、
PLAYBOYの持つギラついた雰囲気/謎めいた要素も上手く表現されていると思います。


全て明日、3/21(土曜)発売。

告知開始以降、相当数のお問い合わせを頂いております。是非お早めに。

では一気に行ってみましょう。


















PLAYBOY × INTERBREED
"Gamblers Hoodie" Black,Navy,Red M〜XXL 15000円+Tax


前面背面/腕回りに多数のロゴをバランス良く配置し、
胸元の仕様やシルエットにもこだわって制作したコットンフーディです。




まず身頃生地は度詰め天竺と呼ばれ、INTERBREEDでは主にラガーシャツ等に使用している、
天竺としてはしっかりとした質感とザラ感が特徴の綿生地を使用しております。
スウェットよりは薄手で一般的な天竺よりは厚手、という生地感となっており、
袖口/裾はリブ仕様となっております。








プルオーバータイプのフーディですが、
胸元はラガーシャツ等と同じ仕様となっておりボタンはラバー製のボタンを使用しております。




身頃胴回りはライン状に生地を切替えており、
ライン上にはPLAYBOYのRabit Logoがルーレットカラーで並び、
その下には"CATCH A WAVE=波(運)を掴め"というメッセージが入ります。



Rabit Logo部分は、洗濯を繰り返す事で風合いの増す染み込みプリントとなっております。

ちなみに有名な話ですが、ウサギは動物の中でも随一の繁殖能力を持つ絶倫の象徴。
よってPLAYBOYのロゴにも使われたという説が有ります。






身頃の切替えに合わせ、両腕も生地切替えとなっており、
右腕ライン上にはカジノのチップモチーフのロゴ、左袖にはお馴染みのフォントのロゴが入ります。




身頃両サイドにはポケットが付属し、左ポケット上にはピスネームが付いております。





身頃前面だけでなく背面にもインパクトを持たせたデザインとなっており、
背面のライン上には、
"高額をベットする上客/ギャンブル狂"を意味する"HIGH ROLLER"のプリントが入り、
その下には"勝ち負け"や"天国/地獄"を連想させる矢印をモチーフにしたロゴが入ります。


上質な国産コットンを使用し、丁寧な縫製による生地切替えと共に、
ある意味"ギャンブル"とも言えるコスト度外視の多数のプリント等、
かなり贅沢な造りかつ、コラボならではの唯一無二のデザインが魅力の1枚となっております。

後ほど着用画像も御紹介しますが、
インパクトが有りながらもバランスが良く、見た目以上に合わせやすいのも特徴です。



続いては同デザインで御用意したクルーネックスウェットを御紹介。
こちらもデザインとアイテムが上手くハマってます。









PLAYBOY × INTERBREED
"Gamblers Crew Sweat" Black,Gray,Navy M〜XXL 17000円+Tax


上質な国産裏毛スウェット生地を使用し、
パーカと同デザインで制作したクルーネックスウェットです。




生地は裏毛仕様のオリジナルスウェット生地を使用しており、
裏毛としてはガッチリとした生地感ながらも重過ぎず暑苦しくなく、春先にも最適な素材となっております。








胴回り/袖回りのデザインは前出のパーカと同デザイン同配置。
首のリブは伸び/型くずれを防ぐバインダー仕様となっております。




もちろんクルーネックにもサイドポケットが付属します。







バックスタイルもパーカと同デザインです。
同じデザインでもパーカ/クルーネックそれぞれ違った良さが有りますので、
好み/スタイルに合わせてチョイスしてみて下さい。


男は背中でしょ、
という事でバックスタイルにもこだわった今回のコラボレーション企画。

ウェアだけでなくCAP類もバックスタイルに特徴を持たせています。こちらも今週発売となります。














PLAYBOY × INTERBREED
"Gamblers Camp Cap" Black,Navy,Red 6000円+Tax


合わせやすい単色のCamp Capをベースに、
フロントはシンプルにRabit Logoのみ、バックの大判刺繍で特徴を持たせたアイテムとなります。






フロントには程良い大きさのRabit Logoが刺繍で入り、
バックにはパーカ/クルーネックのバックスタイルにも有る"HIGH ROLLER"の大判刺繍が入ります。

こちらの"HIGH ROLLER"部分は立体刺繍となっており、
独特の立体感と迫力有る刺繍サイズが特徴的で、
Camp Capとしては有りそうで無いバランス感に遊び心も感じる1品となっております。

バックはナイロンベルトのアジャスター仕様となっており、
ベルト脇にはINTERBREEDのピスネームが付属します。



長くなりましたが最後一気にスタイルサンプルを。

インパクト有るデザインですが、胸/首周りにはあえてプリント等を配置せずにスッキリとさせ、
胴回りを中心とした横一線のレイアウトにする事で、
着た際にも奇抜さが出ずに取り入れやすいデザインとなっております。

*171cm/60kgがLサイズ着用












































パーカ/クルーネック共に、
程良くゆとりを持たせた綺麗な丸みが特徴のシルエットながらも、
着丈/アームホールを調整する事で過剰なオーバーサイズ感も無く、
合わせるボトムも選ばない取り入れやすいシルエットとなっております。

オリジナルパターンを使用しているので、
INTERBREEDをお買い求め頂いた事の有る方は普段通りのサイズ選びでokです。


胴回り横一のデザインなので、




もちろんインナーとしても効果抜群。凄くイイ感じです。



これまで色々なPLAYBOYコラボものが世に出ていますが、
その中でも有りそうで無かった雰囲気/デザインになったかと思います。

タイトルにも有る通り、PLAYBOY×INTERBREEDのコラボレーション企画はこちらが第一弾。

夏前を予定している第二弾のアイテムもINTERBREEDらしい/コラボ企画らしいデザインとなっており、
この第一弾のアイテム達とも相性良く合わせられると思います。


第一弾/第二弾共に、追加生産一切無しの一発勝負。

気になるアイテムはとにかくお早めにチェックしてみて下さい。


(INTERGREED)

2015.03.19 Thursday

PLAYBOY×INTERBREED Official Collaboration

 

"PLAYBOY×INTERBREED Collaboration Collection"









coming soon...


(WU)

2015.03.16 Monday

待ちわびた

 

イベントがいよいよ今週金曜に。

この為に体力温存してましたので今から楽しみ。

Airはカードで酒が買えるので、気をつけないといつだかの二の舞になりそうDeath....







【豪華アーティストが集結するPRIVILEGEの5周年記念パーティ】
NYカルチャーをメインコンセプトにしたアーバンなコレクションで人気のブランド
Lafayetteがプロデュースする、原宿のセレクトショップPRIVILEGE。
その記念すべき5周年パーティが、AIRを舞台に開催されることとなった。
ラインアップには、PRIVILEGEの名づけ親であり、
一昨年横浜ベイホールで行われたLafayette10周年イベントにも出演した
NYヒップホップシーンのトッププロデューサーDJ CLARK KENTを初め、
DJ SN-Z、2012年DMCワールドチャンピオンDJ IZOHといった豪華な面々が集結。
さらに、DINARY DELTA FORCEとBLAHRMYが、
D.L.I.P. RECORDS名義でのエキサイティングなライヴパフォーマンスを披露する。

 

PRIVILEGE 5th ANNIVERSARY PARTY
featuring Lafayette × Deadline capsule collection launch party

2015.3.20 8fri) START 22:00-
ENTRANCE 3,500yen
w/Flyer 3,000yen
AIR members 3,000yen

 -B2 FLOOR-
【GUEST DJ】
DJ CLARK KENT from New York

 【LIVE】
D.L.I.P. RECORDS (DINARY DELTA FORCE and BLAHRMY)
N.E.N
THE OTOGIBANASHI’S

 【DJ】
DJ SN-Z (OZROSAURUS)
DJ IZOH (2012 DMC WORLD CHAMPION)
DJ IKU (URBAN FORCE)
DJ KENTA (ZZ PRODUCTION)
DJ U-LEE(stussy)
DJ RYO-SK
DJ YU-KI

 
-B1 FLOOR-
【PRIVILEGE DJ】
EMAATON (PRIVILEGE TOKYO)
DJ MARZ (PRIVILEGE SENDAI)
DJ TAZAWA (PRIVILEGE NIIGATA)
DJ KIN (PRIVILEGE NAGOYA)
DJ BUN
DJ TAS
DJ YU-TA

Supported by Sports Lab by atmos, Majestic

製作 : URBAN FORCE

【 INFORMATION 】
AIR
HP : www.air-tokyo.com
東京都渋谷区猿楽町2-11氷川ビルB1,B2
B1,B2 Hikawa bldg 2-11 sarugaku,shibuya-ku,Tokyo
Tel:03-5784-3386

2015.03.15 Sunday

INTERBREED press info

 

現在発売中の各誌4月号、
カタログ形式の企画他、ブランド切り1P、ブツ/モデルカット等、
多数掲載して頂いております。





"411 Mag" 2015/4月号

40P:"傑作Bag"企画:ブツ1点
41P :"傑作Bag"企画:ブツ1点
98P :"最新スプリングスタイルプレビュー" ブツ4点+モデル






"Ollie Mag" 2015/4月号

152/153P:"BRAND BIBLE 2015S/S" 見開きブツ18点


発売前の春物の新作もがっつり見れますので、
是非書店/コンビニでお買い求めの上チェックしてみて下さい。

(WU)

2015.03.12 Thursday

Cotton Pullover Jacket

 

大雨や謎の雪でここの所冬に逆戻りしてましたが、今日辺りからまた春っぽい陽気になって来ましたね。

そんなタイミングで春にばっちりなアウターを御紹介。

INTERBREEDの大好物であるプルオーバータイプのアウターですが、
ナイロン系中心になる秋冬ものとは違い、コットン素材なのでムレも無く、
今時期から初夏/秋口にも使える1着となっております。

軍の危険物処理班が着用するフラッシュジャケットをベースにアレンジし、
デニムとブラックウォッチコットン、2種類の生地での展開となります。

いずれも適度な厚さの綿生地でゴワっとした質感/肌触りも気持ち良く、
Tee/スウェット/シャツの上にガボっと被るだけでグっと雰囲気の増す、
有りそうで中々無いデザインのアウターとなっております。














INTERBREED
"Mixed Flash Jacket" Blackwatch,Indigo Denim M〜XL 26000円+Tax


上質な国産生地を使用し、
首周りのボリューム感等、フラッシュJKTの特徴を残しながらも、
よりタウンユース向けのディテールやシルエットにアレンジしたプルオーバーJKTです。





まず生地ですが、
Blackwatchは重過ぎずもこの手の柄生地としてはガッシリとした肉感が特徴の平織りコットン素材、
Indigo Denimには春先のアウターに最適なozのデニム生地を使用しております。

Indigo Denimのみ強めのウォッシュ加工を施す事で、
デニム独特の風合いやアタリを引き出しています。

Blackwatch/Indigo Denim共に国産の綿生地となっており、縫製/加工も全て国内で、
生地感や仕立て共に高級感も感じられる仕上がりです。






プルオーバーものらしい丸み有るシルエットのJKTは、
首周りとフードの形状/デザインが最大の特徴となっており、








全てのボタンを留めると鼻下までスッポリ隠れる、
高さとボリューム感を持たせたフラッシュJKTらしい独特のフード/首周りとなっております。

フードヒモは太めに縒られたロープ状のヒモを使用しており、



Indigo Denimのフード周りには、
ウォッシュ加工によるヒモのアタリが綺麗にくっきりと出ております。




胸/フードに合計6個配置したボタンには全て厚み有るメタルボタンを使用しています。
デニムにはもちろん、ブラックウォッチにもマッチして良い雰囲気が出ています。






胸下の左右両側、腹部分にはそれぞれフラップポケットを配置し、



胸ポケットのフラップにはメタルトップのスナップボタンが付属します。



袖口は平ゴム仕様となっており、



裾回りにはフード同様の丸ヒモが通っており、



アルミ製のストッパーを使用する事でお好みのシルエットに
調節して着用頂けます。


フラッシュJKT独特の雰囲気は存分に残しつつも日常生活には不必要なディテールは省き、
代わりに実用的なポケット等を追加する事で、
コーディネートにより取り入れやすいデザイン/造りにアレンジしております。


ひと目見れば誰しも手の込んだ雰囲気と高級感を感じられる1着。

好みに合わせた様々な着方が出来ますので、
今回はBlackwatchはLサイズ/Indigo DenimはMサイズと、サイズ違いを着せてみました。


*171cm/60kg
BlackwatchはLサイズ/Indigo DenimはMサイズ着用































プルオーバーJKTらしいガボっとした丸み有るシルエット/雰囲気を出しながらも、
アーム部分や着丈をややすっきりめに調整する事で、
ジャストサイズでもワンサイズUPでも違和感や過剰なボリューム感無く、
好みの着方/スタイルに合わせて着用頂ける綺麗なシルエットに仕上がっております。

Blackwatch/Denim共に生地感がしっかりしているので、画像の通り首周りの"立ち"具合も凄く良く、
身頃に配置した3点のフラップポケットもバランス良く効いてます。

ミリタリーものらしい男臭さやハードな雰囲気と共に、やりすぎない適度なデザイン性も感じられる1着は、
シンプルなアイテムと合わせる事で絶妙な存在感が引き立ち、
ボトム選ばず合わせられる、コーディネートの主役として使い勝手の良い1着となっております。

ジップUPタイプやプルオーバースウェットでは絶対に出ない雰囲気が有り、
ラフな印象と共に、どこか洗練された小洒落た印象も出せるアイテムです。


発売直後ですがすでにかなり品薄でサイズ欠けも出ています。

流行り廃り無く、長く御愛用頂けるデザイン/品質となっておりますので、
気になる方は是非お早めにチェックしてみて下さい。


(INTERGREED)
2015.03.11 Wednesday

久々Air Max

 

思い返せば昨年はAir Maxイマイチ不作でしたね。

'93は良いカラーが沢山出ましたが、
一番好きなBWに至ってはOGカラー以降ピタっとリリースが止まり...
Max1も別にそこまで良いカラーも出ず。

代わりに同じく好物のHuaracheが沢山出てそれはそれで良かったですが、
やっぱりAir Maxのリリースがパっとしない年は個人的には何か物足りなくて寂しいですよね。

そんなこんなで2015年のAir Max事情はどうなのかなーっと思っていた矢先、
海外のWebで"ん?!"、という感じの気になるモデルを発見。

とにかくカラーリングが抜群に良くて形もばっちり好み。
ただ初めてのモデルだけに実物を見ないと何とも、という事で先日のUS出張の際に真っ先にチェック。

見た瞬間、久々に迷う事無く2色買いしてしまいました。

特にショーツ時期には最高の色と形ですが、予想通り夏まで我慢出来ずに今日初卸し。




世の中的には何故か完全ノーマークっぽいですが、実物見れば結構好きな方多いと思います。












































Air Max TAVAS

回りに"これ超ヤバいんだよ!"って言っても"タバス? 何それw??"って感じですが、
人ともカブらなそうだし、個人的には早くも2015上半期No.1。
国内カラーは例によって??ですが、この辺の海外カラーは他のモデルと比べてもダントツかと。

もし自分と同じ好みの方が居れば、って事で店の分も少量ですが買って来てます。
そろそろ販売されると思うので是非チェックしてみて下さい。



という訳で本日は3月11日。あれからもう4年。
4年前の今日と比べると、何事も無く平和に一日過ぎる事が本当に有り難いですね。

ではでは。

(INTERGREED)

2015.03.06 Friday

年度末と春ダンガリー

 
年度末という事で都内各地そこらじゅうで道路掘り起こしてますねー。

ガス管の取り替え/下水管の取り替え、なんだかんだそれらしい理由付けてますが、
もちろん結局の所は予算を余さず使い切りたい訳で。
予算を余したら次回から金額削られる、だから急いでどんどんやろう、
っていうこのシステムと流れは一体いつまで続くんでしょうかね。

本当に必要な事を全てやって、それでも予算余ったら繰り越せば良いだけなのに。
予算余す事が悪い事っていうのが全く理解出来ないですよね。そもそも税金なんだから。


そんな年度末は引越しシーズンでも有り。
入学/卒業/就職/転勤と色々な節目となる時期ですが、その辺とは関係無く自分も現在物件探し中。

物件関係の資料は見ているだけでも楽しいですが、
間取り等を見てると必然的に家具なんかも気になり始めてキリが無いですよね。

前々から気になってるコレもいよいよ欲しくなって来ました。。








貨物のコンテナを忠実に再現した家具で、上がキャビネットで下はコーヒーテーブル。

家よりも店か事務所向きの様な気もしますが、
キャビネットはダーっと何個も並べたらカッコ良さそう。USからの送料だけが怖いですが...
こんなのを想像しているだけでも部屋探しは楽しいです。



部屋といえば、




発売中のwoofin' 4月号にて、部屋紹介の企画に協力させて頂きました。
こんな自分の部屋なんて一体誰が興味有るのか分かりませんが、
もし興味有れば是非書店でお買い求めの上見てみて下さい。



という訳で、ウェア/CAP/雑貨と、
ロゴものをズラっと揃えた先週のデリバリーとは打って変わり、今週は無地ものをズラっと。
その分どれも素材や製法にはいつも以上にこだわっております。

明日3/7(土曜)発売の商品の中から、まずはインスタ(@interbreed03)等でもお勧めしてるシャツを御紹介。

INTERBREEDではパンツ以外のデニム素材ものも毎シーズンリリースしておりますが、
今季新たに制作したシャツのパターンを使ってデニムシャツを作ってみました。

ワークウェアらしい無駄を省いた武骨な雰囲気/タフなディテール/生地/加工/シルエット、
どれも上手くハマってかなり良い雰囲気に仕上がってます。

このタイプの仕様でシャンブレーではなくデニムっていう点も有りそうで中々無く、お薦めです。




















INTERBREED
"Round Yoke Dungaree Shirt" Indigo,Light Indigo M〜XL 18000円+Tax


ワークウェア王道のディテールを取り入れ、Wash加工やオーバーダイを施す事で、
着古したデニムの風合いを引き出したダンガリーシャツです。
生地生産/縫製/加工、全ての行程を岡山県児島で行なったハイクオリティな1枚です。




まず生地ですが、
薄過ぎず/厚ぼったさは無い、シャツでの使用に最適な国産デニム生地を使用しております。

今時期はまだインナーとして使う事が多いと思いますが、
中に着てもかさ張らないながらもデニムらしい適度な肉感もあり、
春〜初夏の暖かい時期の羽織りものとしても最高、通年使える素材感となっております。

ナチュラルな雰囲気が魅力の"Indigo"、逆に色を
かなり抜いたIce Blueに近い"Light Indigo"、
共に凄く良い色合いに仕上がっており、








ステッチ部分や生地端のアタリ/微妙な濃淡/シワ感も画像の通り凄く良い雰囲気です。

ちなみに実物の方が分かりやすいですが、
Light Blueのみ色を落とした後にオーダーバイ(後染)の加工を入れており、
物凄く薄いベージュ系の染料を重ねる事で、より自然な着古感を再現しております。




実用性と耐久性を重視するワークウェアらしい、
余計なデザインを省いたシンプルかつ武骨な雰囲気が魅力のシャツですが、
中でも目を惹く部分はやはり肩/胸回り、









40年代頃のワークシャツでは特に多く見られた、
湾曲したラインが特徴のラウンドヨーク仕様となっております。

元々は肩部分をより頑丈にする為のディテールですが、
綺麗かつ大胆な曲線のカットは迫力が有り、デザインとしても効果的な役割を果たしています。


そして地味な部分ではありますが、ワークウェアにおいて重要なのが縫製。






主にVintageワークシャツに良く見られ、
肩や身頃脇等、稼働部の強度をより頑丈にする事を目的とした3本針での縫製となります。

いわゆるトリプルステッチという仕様で、
気にする人は必ずチェックする部分ですが、気にしない人にとってはおそらくどうでも良い部分。
コストも結構上がるので今となっては省かれる事も結構有るディテールの1つですが、
長持ちする頑丈さはもちろん、製品としての見栄えも圧倒的に変わるし、
ステッチが多い分、wash加工を入れた後のアタリ感にも明らかな違いが出ます。

せっかく新しいシャツのパターンを起こすなら、という事で、
前面・背面のヨーク/肩/身頃脇は全て3本針縫製にしてみました。
Vintage好きはもちろん、
これまで特に意識した事が無かった方も是非この機会にその良さを知って貰えればと思います。


ワーク王道かつ直球のディテールとシンプルなデザインの中、唯一少しだけアレンジを加えたのが襟。


OXフォードシャツ等、トラッドやアイビーの代名詞であるボタンダウン仕様にし、
襟の形状や立ちを綺麗に保つ事で、
アイテム本来のラフな雰囲気を壊さない程度に、さりげなくカッチリした清潔感有るデザインになっています。




裾は着やすい緩やかな角度のラウンドタイプとなっており、



前身頃同様、背中もラウンドヨークの3本針、






そして首後ろと両脇にはネイビーの糸を使ったベンチレーションホール×3が入っております。
こちらも古いワークシャツには欠かせないディテールです。



古くから有るワークシャツ特有のタフなディテールを多く取り入れたデニムシャツは、
刺繍やプリントをあえて入れない事で、パーツの形状/ステッチ自体をデザインの一部として引き立たせ、
シンプルながらも個性が有り、尚かつ合わせる物を選ばない便利な1枚に仕上がっております。


*171cm/60kg Lサイズ着用





















ワークウェアらしいガボっとした雰囲気は残しつつも、
アームホールや着丈/裾のラウンド具合に調整を掛ける事で合わせる物はもちろん、体型も選ばず、
様々な着方やスタイルにも対応出来るシルエットとなっております。

少し狭めに取った首周りとボタンダウンの相性も良く、
ラフでカジュアルなデニムシャツの良さは存分に残しながらも、
どこかすっきりと洗練された雰囲気も感じられる1枚です。

チノパンやスウェットパンツとの相性は言うまでも無いですが、
夏場のショーツ時期に持ち歩く羽織りものとしても良さそう。
洗いが掛かったライトozのデニムの着心地も最高です。

流行り廃りの無いアイテム/デザインですし、年齢やスタイルに合わせた着こなしも出来て尚かつ頑丈。

末長く愛用頂けると思います。是非一度袖を通してみて下さい。


同じパターンを使用したOXフォードシャツ(2色)も同時リリース。
そちらもお薦めなのでまた追って紹介します。


(INTERGREED)

2015.03.06 Friday

明日3/7(土)発売商品

 

徐々に暖かい日が増えて来たタイミングで春物がどっさり入荷。
今週は春らしい爽やかな色目の物も多く、季節感を感じられるラインナップになりました。

どれも素材/造り/加工にかなりこだわり、凄く良い出来になってます。
手が掛かってるだけに今週の商品はどれも少量生産。

気になる方は是非お早めにチェックしてみて下さい。










"Mixed Flash Jacket"











"Round Yoke Dungaree Shirt"







"Round Yoke Oxford Shirt"



全て明日3/7(土曜)発売となります。

スタイルサンプルはまた追って。


(INTERGREED)

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2015 >>
Selected Entries
Mobile
qrcode
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM