2016.11.30 Wednesday

12月3日(土)発売商品

 

今年も残す所あと1ヶ月。早いですね〜

年の瀬特有のバタバタした雰囲気が少し感じられる様になりましたが、

そんな中今週も新作&定番ものがデリバリーとなります

 

 

デニムのセルビッチ(耳)をデザインの主役として活かす企画、

"Selvedge Supply"シリーズからは新作のパンツとブーニーHatがリリース。

 

そしてOutdoor / Fishingライン "Phat Bite"からは、

昨年15AWで登場し、INTERBREEDのアウターの中でも最高峰の機能/ディテールを備えた、

"PHAT BITE 2Way Jacket"が定番として今年もリリースとなります。

 

一生ものの1着。

昨年買い逃した方は是非この機会に。

 

161130_01.jpg

INTERBREED Selvedge Supply “Lumberjack Hat”

 

 

 

 

161130_02.jpg

INTERBREED Selvedge Supply “Surplus Trouser”

 

 

 

 

161130_04.jpg

 

161130_03.jpg

 

161130_05.jpg

INTERBREED PHAT BITE "2Way Jacket"

 

 

全て今週末、土曜日12/3発売となります。

 

 

(INTERGREED)

2016.11.25 Friday

コラボ2発 | Low Crown & ベアー立体化企画

 

昨日Upした"OG Varsity Jacket"以外にも今週はデリバリーが色々と。

 

その中から本日はコラボレーションものを2アイテム御紹介します。

 

2社とも長い付き合いになりますがコラボするのは案外久しぶり。

今回も良いものが出来ました。

 

 

 

まずはこちら

 

 

 

 

説明不要かと思いますがMLB唯一の公式Capメーカー"NEW ERA®"社

 

これまで何度か一緒に物造りをさせて頂きましたが、

ここ数年ではJungle Hatだったり、

ベースボールCapではない、ちょっと変わった所をチョイスしてコラボさせて貰ってました。

 

そんな中で、久々にベースボールCap型やりたいな〜なんて思っていた今季。

ただ、個人的に59FIFTYがあまり似合わないので、

"何か他の形無いかな?"なんて相談した所、バッチリなものが有ったので即決。

 

59FIFTYのクラウン(高さ)がもう少し低ければ、

なんて昔から思っていた自分にとっては久々にビビっと来た型。

大人が被っても違和感無くし凄くしっくり来ました。

 

 

INTERBREEDの他アイテムとも合わせやすい生地/デザインになっております。

 

 

 

161125_05.jpg

 

161125_06.jpg

 

161125_07.jpg

 

161125_10.jpg

New Era® × INTERBREED

LP(Low Crown)59FIFTY "INDIGO-IB92” 7 1/4〜8 7000円+Tax

 

定番の59FIFTYに比べてクラウンが低めに設定され、

MLBのオンフィールドCap(試合用)にも採用されている、

LP(Low Profile/Low Crown)59FIFTY を使用したコラボレーションCapとなります。

 

 

今回素材はINTERBREEDらしくデニムをチョイス。

 

 

161125_09.jpg

フロントには"INTERBREED"の頭文字"IB"を数字順に置き換えた"92"のナンバリングが入ります。

 

ちなみにナンバリング部分も同じデニム生地を使用。

こだわりのオールINDIGO仕様です。

 

デニムのウォッシュ感やインディゴの色目も合わせやすく、

スポーティなスタイルだけでなく幅広く取り入れられるデザインとなっております。

 

形は上記にもある通り、

New Era® の代名詞的Cap 59FIFTYの被りが少し浅めに設定された型。

59FIFTYに比べてフィット感も有りますし、一般的なボールCapタイプに近い感覚で被れるかと思います。

 

 

ベースボールCap型を使った久々のNew Era®コラボレーション、という事もあってか、

かなり多くのお問い合わせを頂いております。

 

気になる方は是非お早めにマイサイズGetして下さい。

 

 

 

 

 

 

そして続いてはこちらも久々の企画。

 

前回の1stモデルは2011年の今時期だったので、5年越しの2ndモデル

 

今回も細部までこだわって製作致しました。

 

 

X'masシーズン突入に向け、

プレゼント何にしようかな〜、なんて考えている方も多いかと思いますが、

メインのプレゼントの+αとしても喜ばれると思います。

 

 

150体限定となります

 

 

 

 

161125_08.jpg

 

161125_01.jpg

 

161125_02.jpg

 

161125_03.jpg

 

161125_04.jpg

Lafayette × INTERBREED "Lo Teddy Bear" 9500円+Tax

 

INTERBREEDではお馴染みのFUNK BEARを立体化させよう、と、

2011年の初コラボによって生まれたテディベア企画の第2弾、150体限定生産のリミテッドアイテムとなります。

 

サイズ=身長:約42cm/座高:約30cm/横幅:約18cm

 

LafayetteとINTERBREEDの共同デザインによって90’Sテイスト溢れるルックスに仕上がったテディベアは、

愛らしい表情と程よいサイズ感で、両ブランドの“らしさ”を感じさせるアイテムを着用しております。
キャップにはスポーティな雰囲気のINTERBREEDのロゴが刺繍されたキャップ、

バイザー部分にはINTERBREEDのピスネームが付属。
フーディは90’sを彷彿とさせるインパクトのあるUSAの刺繍をフロントに配し、

フード部分とボディを切り返したイナたいデザイン。
袖には過去にLafayetteでも使用していたUSA国旗のオリジナルパッチが付属。
フード上部にはLafayetteのロゴ刺繍が入り、フードを被るとさりげなく見える仕様となっています。

 

 

本体/洋服まで今回もかなり良い仕上がり。せっかくなので1stモデルと一緒に記念撮影。

 

 

161125_11.jpg

左/ 1st (2011年)、右/ 2nd (2016年)

 

今年のはサイズ感が少し小振りで、顔の表情もどことなく弟っぽい雰囲気が出てます。

 

プレゼントにはもちろん、1stと並べたり複数個ディスプレイしたりとインテリアにも最適です。

 

5年前の1stは即完売でしたが、今回も数量限定生産となっておりますので是非お早めに。

 

 

全て明日11/26(土)発売となります。

 

 

(WU)

2016.11.24 Thursday

"クロい"シルエット | OG Varsity Jacket

 

都内で11月に雪が降るのは50何年ぶりらしいですが流石に寒いですね〜

とは言え、積雪たったの数cmなのにお約束の交通機関グダグダ....

どんだけ弱いのさ、って感じですよね。

 

そんな極寒突入に合わせて即戦力のアウターが今週土曜日リリースとなります。

 

今週発売のJktはかなり久しぶりのスタジャン型。

実は、とあるおっちゃんが着ていたJktがモチーフとなっております。

 

以前出張先のNYで休憩がてら立ち寄ったマクドナルド。

どこのマックだか忘れてしまいましたが、

店内でオーダー待ちしていると近くにやたらと着込んだ厚着の黒人さんが。

 

向こうだと良く居る"お釣り頂戴"系か、ゴミ箱チェック系のホームレスさんかなと思い、

直視せずに少し距離を取っていたのですが、

ふと足元を見ると凄くカッコ良いブーツに軍パンの裾をinして履いていて、

"あれ?"と思って顔を上げて見てみるとホームレスどころか、

長いドレッドにJktと色をハメたCapを被った滅茶苦茶カッコイイ初老のおじさん。

 

大変失礼致しました、と思いつつもそこからは横目でひたすらJktの形をチェック。

ボコっと丸いシルエットにアームも極太。

小柄なのにそれをオーバーサイズ気味にこなれた感じで着ているフォルムが、

90年代当時のBlack MoonのBuckshotみたいで本当にカッコ良く、

スタッフと"次の秋冬で絶対アレ造ろう"なんて話しながら目に焼き付けて来ました。

 

 

スタジャン造るの何年振りでしょうか。

 

かなり久々ですが凄く良い仕上がりで待ちわびた甲斐が有りました。

 

とにかく"クロい"雰囲気プンプンのシルエットが最高。価格も頑張ってます。

 

 

 

 

 

161124_02.jpg

 

161124_03.jpg

 

161124_01.jpg

 

161124_05.jpg

INTERBREED "OG Varsity Jacket" Beige,Navy M〜XXL 23000円+Tax

 

デニムとツイル生地を切替えで使用し、

ボリューム感を持たせたシルエットの"イナタさ"も特徴のVarsity Jacketです。

 

 

まず生地ですが、

 

161124_06.jpg

 

161124_07.jpg

身頃部分にはウォッシュ感が良い雰囲気のデニム生地を使用し、

袖部分にはハリ/コシの有る中厚のコットンツイル生地を使用しております。

 

Beige/Navyそれぞれに使用するデニムのウォッシュ感には若干差を付けており、

Beigeはライトな色目のインディゴ、Navyは濃いめのインディゴとなっております。

 

 

161124_09.jpg

 

161124_08.jpg

首周り/袖/裾は全てリブ仕様となっておりますが、

パーカ重ね着してフード出した際に顔近辺のカラーリングがウルさくならない様、首周りには単色のリブを使用し、


161124_15.jpg

 

161124_16.jpg

袖口/裾のリブには、ネイビーをベースにそれぞれの袖色に合わせたラインを入れております。

 

スタジャンの首リブにもカラーのラインが入ると少し合わせにくくなる事が有りますが、

この組み合わせだと首周りがスッキリ見え、全体のバランス感もイイ感じにまとまってます。

 

 

161124_13.jpg

 

161124_12.jpg

左胸には"INTERBREED"のスクリプトロゴが刺繍で入ります。

 

 

161124_18.jpg

左右のポケット口には袖部分と同じツイル生地を使用しております。

 

 

161124_21.jpg

前開きはスナップボタン開閉となっており、ロゴ刻印入りのオリジナルボタントップを使用しております。

 

 

161124_14.jpg

内側は中綿とT/C素材を縫い合わせたキルティングの裏地付きとなっております。

保温性の高い仕様ですが、重ね着した際に窮屈にならない様、

また春先でも着用頂ける様、中綿には極力厚みを抑えた綿を使用しております。

 

 

 

異素材の切替えという事もあり、カラーリングやカラーバランスに気を使ったデザインですが、

それ以上にこだわったのがシルエット。

着た際にどこか懐かしい"良いイナタさ"が出る様、

各パーツの太さや各リブの締め具合等、細かい部分まで何度も調整して理想的なシルエットに仕上がりました。

 

 

 

*モデル:174cm / 64kg 全てLサイズ着用

 

161124_23.jpg

 

161124_26.jpg

 

161124_25.jpg

 

161124_28.jpg

 

161124_24.jpg

 

161124_27.jpg

 

161124_29.jpg

 

161124_31.jpg

 

161124_33.jpg

 

161124_32.jpg

 

161124_30.jpg

太めに取った身幅とアームホールに対し、

袖口/裾のリブをやや強めに締める事でアイテム全体の丸みを強調したシルエットとなっております。

 

"90's感"とはまさにこの事、と言った感じの雰囲気抜群のシルエットですが、

着丈は一般的なスタジャン同様となっておりますので合わせやすく、

ボリューム感を活かした様々なコーディネートを楽しめます。

細めのパンツなんかにも良く合いそう。

 

個人的には横から見た際の背中のラインがかなり理想的でお気に入りです。

 

首リブのみ単色リブにした点もさりげなく効いていて、

アクが強くなりがちな色切替え/生地切替えのデザインでもまとまりが良く、

Capやインナー選ぶ際も、色使いで色々遊べると思います。

 

 

 

かなり多くのお問い合わせを頂いている、ドス黒さ満点の"OG Varsity Jacket"

 

今週土曜日11/26発売となります。

 

気になる方は是非お早めにチェックしてみて下さい。

 

 

(INTERGREED)

2016.11.18 Friday

経年変化が楽しみです

 

年月掛けて使用する事で新品時とはまた違った魅力が出て来て楽しめる素材。

近年では"エイジング素材"なんて言われて注目されてたりもしますが、

その代表的な所だとやはりレザーとデニムではないでしょうか。

 

まっさらな状態もそれはそれでもちろん良い雰囲気が有りますが、

1年,3年,5年,10年....と使う事で段階を踏んだ風合い変化を楽しめ、

その風合いも使う人のライフスタイルによって違いが出る為、

最終的に世界に2つと無い自分だけのオリジナルなものになる事が最大の魅力。

 

レザーもデニムも昔から生地/素材として使われていたものだし、

好きな人はずっと好きで、"エイジング素材だなんて何を今さら"という感じですが、

ファストファッションをはじめとする使い捨て感覚の衣類が主流の今だからこそ、

その対極にあるものが"価値"として再認されているのかも知れません。

 

 

そんな素材の中でもINTERBREEDが好きなのはやっぱりデニム。

パンツはもちろん、上物も小物も毎シーズン力を入れて何型か造っておりますが、

今回御紹介するのは新作のアウターとなります。

 

デニムは御存知の通り、"ヒゲ"や"アタリ"なんかと呼ばれる独特の色落ちが魅力で、

着用時のシワ部分やステッチ部分/製品の凹凸部分に出るものなので、

大抵の場合どの辺に出てどういう感じになるか、というのはボンヤリでも想像付くものですが、

このJktに限ってはどんな風にアタリが出て、

年を追う毎にどんな雰囲気になって行くのか、全く想像がつきません。

 

 

身頃全体がそもそもステッチだらけ/凹凸だらけだとすると、どういう色落ちをしていくのか?

 

超オリジナルな物凄い雰囲気/風合いになりそうで数年後が本当に楽しみです。

 

 

 

161118_01.jpg

 

161118_02.jpg

 

161118_03.jpg

 

161118_04.jpg

INTERBREED "Quilted Indigo Jacket" Indigo M〜XXL 30000円+Tax

 

国産ライトozデニムと薄手の中綿を縫い合わせたキルティング生地を使用したJktです。

生地織りから縫製までの全行程を岡山県児島の工場にて行なった純国産製品となります。

 

 

161118_05.jpg

生地はダイヤ型ステッチのキルティング仕様となっており、

表地のデニム/縫い合わせの中綿は共に軽い肉感のものを使用しております。

キルティングの凹凸感も有るので着用時にゴツい印象が出ない様、

中綿にはかなり薄手の綿をチョイスしましたが保温性もばっちりで丁度良い感じ。

製品洗いを掛けて糊を落としたワンウォッシュとなりますので硬さも無く着心地抜群です。

 

 

161118_06.jpg

襟付き+フロントボタン留めのデザインはコーチJktタイプをベースに製作しておりますが、

 

 

161118_07.jpg
 

161118_12.jpg

襟部分をデニムと相性良いコーデュロイ素材で切り替え、袖口もゴムでは無くリブ仕様にアレンジする事で、

コーチJkt特有のスポーティさを中和し、年齢/スタイル問わず使える落ち着いた印象へと変化させています。

 

 

161118_08.jpg

左胸にはZipポケットが付属し、

 

161118_09.jpg

ZipはUNIVERSAL製を使用しております。

 

161118_10.jpg

前開きはスナップボタン留めとなっており、

金属製のトップはロゴ刻印入りのオリジナルボタントップとなっております。

 

 

161118_14.jpg

 

161118_15.jpg

身頃/袖はコットンツイル生地を使用した裏地付きとなっており、

 

161118_16.jpg

身頃裏のサイドにはオリジナルの"MADE IN JAPAN"タグが付属します。

 

 

161118_13.jpg

裾にはコーチJktタイプらしく丸紐が一周しており、絞って結ぶ事でお好みの裾幅に調節して着用頂けます。

 

 

161118_17.jpg

背面は付属パーツ等の無いシンプルなデザインです。

 

 

コーチJktとフィールドコートの中間、といったイメージのJktは、

ラフでカジュアルな雰囲気も有りつつ、高級感有る落ち着いた雰囲気も持ち合わせているので、

合わせるアイテム次第で様々なスタイルに取り入れられる1着となっております。

 

 

*モデル:174cm / 64kg 全てLサイズ着用

 

161118_25.jpg

 

161118_26.jpg

 

161118_20.jpg

 

161118_21.jpg

 

161118_24.jpg

 

161118_19.jpg

 

161118_22.jpg

 

161118_18.jpg

 

161118_23.jpg

 

ライトozとは言えタフなデニム+綿のキルティング。

着用時に鎧の様なゴツいフォルムにならない事だけに気をつけて製作したシルエットは、

肩幅や着丈もややスッキりとしてバランスが良く、

着慣れたコーチJkt同様の感覚で取り入れられる型となっております。

 

キルティングJktならではの表面の立体感も良い感じ。

バックスタイルなんかは特に雰囲気有ってカッコイイです。

 

キルティングは表地と綿を全面ステッチで縫い合わせているので中綿が偏って来る事も無く、

更に裏地も綿100なので洗濯も問題無し。

 

自分はガンガン着て月1くらいは洗って色を抜いて行ってみようかと思います。

 

 

昨日紹介致しましたDaily Nylon Jacketと共に明日11/19(土)発売となります。

 

防寒/保温性も高い即戦力の1着。

数が結構少ないので気になる方は是非お早めにチェックしてみて下さい。

 

 

(WU)

2016.11.17 Thursday

Daily Nylon Jacket行きます | 11/19発売

 

一時は100円切るか位まで行ってたのですがまた1ドル/109円ですか〜

 

Trump野郎が当選したらドル急落で更に円高、なんて言われてて、

12月は店の買付け兼ねたUS出張も有るしラッキー、と思ってたのですがまさかの円安....

世の中そうそう思い通りに行かないもんですねー

今月中にはせめて102〜3円に戻って欲しいものです。

 

12月の出張は東側を予定してますが今年の冬の気候/気温はどうなんでしょうか。

冬で言うと去年行った時は大寒波のタイミングでー10何℃を喰らって心が折れそうでしたが、

買付けにしろ旅行にしろ、やはり着て行くものって迷いますよね。

 

特に買付けだと、少しでも多く商品を持ち帰る為に自分の荷物はとにかく最小限に抑えたい訳で、

毎回、アウター/ボトムス/靴は着替え無しの1パターンのみ。

 

冬場だと外は極寒/室内は暖房効き過ぎ、なんて事も多いのでアウターは特に迷う所ですが、

試着する回数も多いので脱ぎやすい物、

細かい持ち物も多いのでポケットに収納出来て尚かつ出し入れもスムーズな造り、

雨/雪でも傘の要らないフード付き、車の運転時も邪魔にならないタイプ....等々、

様々な条件を考えると、毎回結局選ぶのは機能系ナイロンを使ったマウンテンパーカタイプ。

 

重ね着で自分なりに調節も出来ますし、電車で暑い時なんかもすぐに脱げるし、

脱いでもそれ程かさ張らないしやはり便利ですよね。

 

そんな万能かつ活用期間も長く見込めるナイロンマウンパが今週末リリースとなります。

 

展示会でも人気が高く、その後のお問い合わせも多かったアイテム。

 

今季フード付きのナイロンJKTはアノラックが1型発売されておりますが、前開きタイプはこの1型のみ。

 

高機能素材を使用し、合わせる物を選ばないデザインかつ価格も3万以下。

早い動きになりそうですので是非お早めにチェックしてみて下さい。

 

 

 

161116_02.jpg

 

161116_03.jpg

 

161116_04.jpg

 

161116_05.jpg

 

161116_01.jpg

INTERBREED "Daily Nylon Jacket" Black,Navy,White M〜XXL 27000円+Tax

 

マットな質感の高機能ナイロン素材を使用し、

止水Zipやシームレスポケット等のディテール/パーツ使いにもこだわったミリタリーモチーフのナイロンJktです。

 

 

161116_07.jpg

生地は軽量かつ撥水/透湿性に優れたナイロン素材を使用しており、

光沢を抑えた高級感有る風合いや、アウターに最適な張りとシャリ感が特徴です。

3色いずれも上品な色目と発色で、ハリ/コシが有る分、着用時の見栄えにも違いの出るナイロン生地となっております。

 

 

161116_06.jpg

洗練されたシンプルさと合わせて随所に見られる無駄の無い機能性も特徴のデザインとなっており、

 

 

161116_08.jpg

 

161116_10.jpg

 

161116_09.jpg

身頃とのバランスも良いフードは、滑らかな曲線のカッティングにする事で、

被った際にツバとしての役割を果たす形状となっております。

 

 

161116_11.jpg

フードのフチ一周にはリフレクト素材が織り込まれたドローコードが仕込んであり、

内側に付属するストッパーを使用する事でフード穴の開き具合を調節出来ます。

極寒かつ強風の日なんかはフード被ってコードをキュっと絞っておけば万全です。

 

 

161116_12.jpg

身頃は前開きのフルZipタイプとなっており、

 

 

161116_13.jpg

Zipはシルエットに少し変化を付けたり様々な着方に対応するダブルZip仕様、

引き手はクールで武骨な雰囲気溢れるマットブラック塗装となっております。

 

 

161116_14.jpg

前合わせ部分はZipに加えて左右両側に比翼が付いた防風/保温性に優れた仕様となっております。

片側比翼もすっきりしていて良いですが、冬も着るJktとなるとやはりダブル比翼で内部をがっちり保温したいところ。

目立たない部分ですが比翼1枚の差で結構違いが出ます。

 

 

161116_15.jpg

比翼脇の左胸にはZipポケットを配置しており、

 

161116_16.jpg

圧着パーツを使用した縫い目の無いシームレス仕様かつ、止水Zipを用いた完全防水機能のポケットとなっております。

 

同じ仕様のポケットを左肩にも配置しており、

 

161116_17.jpg

 

161116_18.jpg

 

161116_19.jpg

こちらも完全密閉でポケット内部への浸水を防ぐ機能性の高いポケットとなっております。

 

 

161116_21.jpg

 

161116_20.jpg

袖口は二段階調節可能なスナップボタン仕様となっており、

トップには3色それぞれの生地色に合わせたツヤ消しのボタントップを使用しております。

 

細かい部分では有りますが、

ボタン留めタイプの袖口はゴム/ベルクロタイプと比べて、

少し落ち着いた大人っぽい印象が出るのも特徴。マットなボタントップとの相性もイイ感じです。

 

 

161116_23.jpg

身頃下部は左右に付属した大型フラップが目を惹くデザインとなっており、

 

 

161116_24.jpg

フラップの端は、身頃の切り替え部分とサイドの縫い合わせ部分に挟み込んだ仕様となっております。

外側から叩き付けた後付けフラップと比べ、身頃と一体化している分、スッキリ見えるのが特徴です。

ミリタリーJktの代名詞であるGORE-TEX Jkt等もこの仕様を採用しています。

 

 

161116_25.jpg

フラップはスナップボタン+ベルクロのがっちり仕様。

ちなみにこの辺りもスッキリと外見を邪魔しない様、ボタントップをフラップ内部に隠したデザインとなっております。

 

 

161116_26.jpg

身頃左脇にはミリタリー感有るレスキューオレンジのピスネームが付属します。

 

 

161116_27.jpg

裾にもフード同様のリフレクトコードが一周しており、

左右の裏に付属するストッパーを使用する事でお好みの裾幅で着用頂けます。

 

先ほどのフラップのボタントップを始め、

合わせ部分の比翼のボタントップ、そしてフード/裾のコードストッパー等、

パーツ/付属類を極力外から見えない様に内側に隠しているのもこのJktのデザインの特徴。

 

そうする事によって高級感有る生地感だけでなく、

圧着ポケットの独特な存在感がより効果的に映えるデザインとなっております。

 

 

161116_22.jpg

そして裏地にはサラりとした肌触りの良いT/C素材を使用、

 

161116_29.jpg

背面は切り替え等の無いデザインとなっております。

 

 

 

シンプルなデザインに反して説明どころ満載の機能的な1着。

とにかく一度着てみて下さい、という事で着用行きます。

 

 

*モデル:174cm / 64kg Lサイズ着用

 

161117_03.jpg

 

161117_08.jpg

 

161117_05.jpg

 

161117_10.jpg

 

161117_07.jpg

 

161117_12.jpg

 

161117_01.jpg

 

161117_13.jpg

 

161117_15.jpg

 

161117_06.jpg

 

161117_14.jpg

 

161117_04.jpg

 

型はミリタリータイプのJktらしい、

身幅やアームのガボっとした雰囲気やボリューム感は残しつつも過剰なオーバーサイズ感は無い、

体型/スタイル問わず合わせられるクセの無いシルエットとなっております。

 

ハリ/コシ有る生地感の特徴が着用時にも良く効いており、

フードの立ち具合や、裾を絞って少し丸みを出した時のボリュームも凄くイイ感じ。

細かいパーツ類をあえて内側に隠す事で、

男臭いハードな雰囲気ながらもスッキリと洗練された印象に仕上がっております。

 

ベーシックでミリタリーものらしさが有るBlk & Navy、

圧着ポケットとのコントラストも効いていてスポーティな雰囲気有るWhite、

いずれのカラーもデニム/チノ/ナイロン/スウェットなど合わせるパンツを選ばず、

流行り廃り無く永く愛用頂け、様々な着こなしに対応出来る1着となっております。

 

 

今週土曜日 11月19日発売となります。

 

是非店頭でお試し下さい。

 

 

(INTERGREED)

2016.11.15 Tuesday

感動と引き換えに我慢が必要な時代

 

皆さんもう聴きましたか??

A Tribe Called Questの18年ぶり、かつ最後となるアルバム。

 

 

 

先日11日に配信スタートしましたが、自分は今週18日のCD発売まで頑なに我慢するゲームをしています。

 

色々な人が配信日にすぐ聴いて"最高"とか"やはり凄いグループ"とインスタに上げてて羨ましく、

2日に1回位、夜中になるとネットでプレスリリース読み返してるし、

Q-Tipのメッセージもとにかく泣けるし、

一刻も早く聴きたいのですが、思い入れも強いグループだけにCDを買って自分で開けて聴きたくて。

 

もうさっさとDLして聴きゃイイじゃん、と突っ込まれるのは今の世の常だと思いますが、

自分が最近思ったのは、

全てが簡単で手軽なシステムになればなる程、"感動"というものとは離れて行ってしまう様に思うんです。

 

例えば自分は車の運転が大好きで、リラックス出来たりストレス解消になったりしますが、

それが近い将来には間違いなく自動運転が主流になる訳で、

そうなると"自分で運転してここに来た"という小さな感動/自己満足はもう無い訳ですよね。

 

それは車を単なる移動手段と考えてるか、逆に趣味のものとして捉えているか、

そもそもの個人の価値観にもよっても変わりますが、

いずれにしてもプチ感動や自己満足を味わう機会が減ってしまう事だけは確か。

 

そういう時代になって来た時、じゃあどうやって感動を味わうのかと考えると、

もはや自分から不便な方(もしくは不便とされてる方)を選択するしか無いですよね(笑

 

そもそもCDに買いに行く事は"不便"どころか楽しみな事だと思ってますが、

"配信が先"という手法を取られてしまうと、

"聴けるのにまだ聴かない"という相当な我慢と葛藤が必要な状態になって来ます。

 

でも自分はその状態こそが、のちの"感動"を生む願ってもない状態だと思ってます。

 

便利で手軽なシステムが増えて来た事により、

感動/自己満を味わう為には今までより手間が掛かる様になってしまった。

何か凄い皮肉な感じしますね。

 

 

ようやくあと数日....

 

本当に楽しみで聴いたら泣いてしまいそうです

 

 

(WU)

2016.11.14 Monday

久々のMAWだ

 

昔から大好きなDJの一人Kenny Dope。

Hip Hop&Funkの時も最高ですが、久々にあのドス黒Houseプレイも聴きたいなーなんて思ってたら、

今週末MASTERS AT WORKで来るんですね。

Louie VegaのDJも何年も聴いてないので是非行きたいですが昼間行けるのか...

他出演者も豪華で楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなPlayどっぷり2時間位聴きたいです。

 

 

(WU)

2016.11.11 Friday

今週末は機能系 | Switching Fleece Jacket & more...

 

 

今週末は昨日御紹介した撥水シリーズからフリース企画まで、 

悪天候や極寒日に活躍する機能系アイテムがドドっとリリースとなります。

 

 

INTERBREEDが今季注目した素材の1つがフリース。

インナーにも使えるこちらのハーフZipフリースも御好評頂いておりますが、

それに引き続いて今回はアウターと、同デザインを使用した小物が発売です。

 

フリースのアウター、と聞くと一般的にショート丈のブルゾン型が多いのかなと思いますが、

今季はミドル丈、といってもコーチJkt位の丈ですが、

よりアウターとして着やすい型をチョイスして製作してみました。

 

 

色切替えを多用したINTERBREEDらしいデザインで展示会でも人気だったアイテム。

価格も限界まで頑張ってジャスト2万。

同価格で発売中のナイロンアノラック同様、かなりコスパ高い1着だと思います。

 

 

全て明日11/12(土)発売となります。

 

 

 

 

161110_01.jpg

 

161110_02.jpg

 

161110_03.jpg

 

161110_04.jpg

L→R

INTERBREED "Switching Fleece Jacket "  Blue,Grey M〜XXL 20000円+Tax

INTERBREED "Equipment Patched Ball Cap "  Black,Navy,Orange,White 5000円+Tax

INTERBREED "Fleece Neck Warmer "  Blue,Grey 3700円+Tax

 

発色の良い中厚のフリース素材を使用したフードJktとネックウォーマー、

そして同じ大型のリフレクトワッペンをフロントに配置したコットン素材のBall Capです。

 

 

まずはJktから。

商品名の通り、切り替えのカラーリングが特徴のデザインとなっており、

 

 

161110_08.jpg

カラー"Blue"は鮮やかなロイヤルブルーのフリース素材をベースに、各所にネイビーのナイロン生地を重ね、

 

161110_09.jpg

"Grey"はチャコールグレーのフリース素材をベースに、ホワイトのナイロン生地を重ねたカラーとなっております。

 

ベースは全面フリース素材となっており、

ナイロン生地部分は補強としてフリースの上に重ねて縫い合わせた二重仕様となっております。

 

二重生地になる部分を考慮し、フリース素材はブ厚過ぎず/軽過ぎない中厚のものを使用。

フリースは暖かいですが、あまりに厚さが有ると変にボコっとしたボリューム感が出たり、

着心地にも影響出たりするので、インナーにスウェット等も着れるこれ位の肉感がベストかと思います。

柔らかい肌触りもこの時期最高です。

 

 

 

161110_05.jpg

 

161110_06.jpg

型は80/90年代のスキーウェアに見られた仕様やデザインを取り入れており、

フード外側/両肩/袖後ろ/腰回り等、外部との接触が多い、擦れやすい部分にナイロン生地を当てております。

 

 

161110_07.jpg

 

161110_10.jpg

フード部分は内側がフリース/外側がナイロンとなっており、

見た目のカラーコントラストだけでなく、防寒/保温性にも考慮した生地使いとなっております。

首元部分に若干高さを持たせた形状で防風もばっちりです。

 

 

161110_11.jpg

 

161110_12.jpg

前開きはZip開閉となっており、上部のみに比翼が付属したデザインとなっております。

これが有る事で首周りの防寒/防風性が更に高まるのと同時に、

Zipを上まで閉めた際に金属Zipと肌(アゴ下付近)が触れるのを防いでくれます。

 

 

161110_13.jpg

フード部分にはコードが一周しており、ロゴ入りストッパーが付属しておりますので、

極寒かつ強風の日なんかはフード被ってギュ〜っと絞れば最強、内側がフリースなので耳も守れます。

 

 

161110_14.jpg

左胸にはナイロン素材のポケットが付属しており、

 

161110_15.jpg

Zipには止水Zipを使用しておりますので雨/雪の日も問題ございません。

 

 

161110_17.jpg

左肩にはやや大振りの丸型パッチが付属しております。

 

INTERBREEDの"ib"と雪山のイラストが入ったこちらのデザイン、好きな方には説明不要かと思いますが、

某アウトドアブランドの名作シリーズのパッチをサンプリングしたデザインとなっております。

素材にはリフレクト素材を使用する等、

見た目のデザインだけでなく、元ネタに忠実な造りにもこだわったワッペンとなります。

 

 

161110_16.jpg

手を入れたり荷物の出し入れしたり、不可が掛かりやすい身頃下部にもナイロン補強を当てております。

 

 

161110_19.jpg

 

161110_18.jpg

裾にはリフレクト素材を織り込んだドローコードが一周入っており、

裾裏に付属するストッパーを使用する事でお好みの裾幅に調節可能となっております。

 

 

161110_20.jpg

 

161110_22.jpg

 

161110_21.jpg

背面も袖後ろや腰部分等、

擦れやすく、毛玉になりやすい部分にナイロン補強を重ねた仕様となっております。

 

前後共に肩部分もナイロン補強となっておりますので、

バックパックの肩掛けとフリースが擦れて肩だけ毛玉だらけ、なんて事も起きません。

 

それでは着用行ってみましょう

 

 

 

*モデル:174cm / 64kg Lサイズ着用

 

161113_09.jpg

 

161113_10.jpg

 

161113_11.jpg

 

161113_07.jpg

 

161113_08.jpg

 

161113_03.jpg

 

161113_06.jpg

 

161113_04.jpg

 

161113_05.jpg

袖周りに若干ゆとりを持たせたマウンパタイプのフードJktは合わせやすく、

ブルゾンタイプやインナー向けのフリースウェアに比べて丈が有る分、

防寒性/保温性も高い1着となっております。

 

フリースJktはインナーにスウェット等を着るとボコボコとして妙にゴツく見えてしまう事も多いですが、

これ位の肉感だと重ね着しても違和感出なくて丁度良いですね。

 

グレー/ブルー共に冬らしい季節感も有って様々な着こなしが楽しめると思います。

 

 

 

 

 

続いては同じフリース素材を使った小物。こちらは1枚バッグに入れておくと凄く便利です。

 

 

161110_23.jpg

INTERBREED "Fleece Neck Warmer " Blue,Grey 3700円+Tax

 

シンプルな形状/造りが使いやすいこちらは、

 

 

161110_24.jpg

Jktと同じ、肌触り良いフリース素材を使用しており、

 

161110_25.jpg

上部の口にはゴムのパイピング、

 

161110_26.jpg

そしてJkt同様のリフレクトパッチが付属しております。

 


使い方は至って簡単、

 

 

ゴムパイピング側を上にしてスポっと被るのみ。

首でクシャっとさせても、伸ばして鼻まで覆ってもイイ感じです。

 

マフラーよりかさ張らず、付け外しも簡単なので、

タウンユースから自転車/バイク、Outdoorまで色々なシーンで重宝します。

 

 

 

 

ラストはフリースシリーズと同じワッペンが付属したコットンのBall Capです。

 

 

161110_27.jpg

INTERBREED "Equipment Patched Ball Cap" Black,Navy,Orange,White 5000円+Tax

 

 

すいません、手違いで上の画像にOrangeが入っておりませんでしたが、

 

Orangeはこんな感じです。

 

 

 

161110_28.jpg

 

161110_29.jpg

 

161110_30.jpg

 

161110_32.jpg

 

ポイントはやはりフロントパッチの大きさ。

ワンポイントのデザインが大多数のBall Capだけに、ちょっと面白いバランス感になっていて新鮮です。

 

 

161110_31.jpg

後部は共生地のベルト仕様で、脇にはピスネームが付属します。

 

 

 

 

即戦力のフリースものから季節問わないCapまで、全て明日11/12(土)発売となります。

 

 

 

是非店頭でチェックしてみて下さい。

 

 

(WU)

2016.11.10 Thursday

ハジキマス

 

しかしまさかでしたねー、アメリカ大統領選。。

 

どっちもどっちなら変化/改革が期待出来るヤツの方がまだマシ、という感じなのでしょうか。

でも色々な面で一番影響喰らうのは日本かも知れませんね。

TPPから沖縄までどうなって行くのか.....

今年2016年はイギリスのEU離脱も起きたり、歴史的にも激動の年ですね。

 

 

 

 

そんな今週はOutdoor系アイテムを展開する"PHAT BITE"シリーズの他、

フリースを使用したJKT/小物のシリーズ等、様々なアイテムがデリバリー予定となりますが、

まず御紹介したいのは"PHAT BITE"の新作アイテム達。

 

アースカラー中心のデザインで、機能性にも溢れたOutdoor臭プンプンのラインナップとなりますが、

実は見た目だけでは分からない物凄い機能を持たせております。

 

 

Hat/Jkt/Pants、いずれも綿100%となっておりますが........なんと

 

 

 

 

161108_01.jpg

 

161108_02.jpg

 

特殊な加工を施す事で、全アイテムに撥水機能を持たせております。

 

水でもお茶でもColaでもOK。

ブッ掛ける瞬間はドキドキしますが、パ〜っと玉になって動く様は結構面白いので是非試してみて下さい。

人に見せると100%目が丸くなるのでその辺のリアクションも楽しめます。

 

こういった機能は憂鬱な雨の日も少しだけ楽しみにしてくれますし、もちろん釣り等のOutdoorシーンでも大活躍。

 

 

 

まずはJktからいきましょう

 

 

 

161108_07.jpg

INTERBREED Phat Bite

"Water-repellent Hood Jacket" Camo/Khaki/Navy M〜XXL 22000円+Tax

 

機能性溢れるポケットやパーツを前身頃に配置した、マウンテンパーカ型のコットンフードJktです。

 

Jkt/Hat/Pants全てのアイテムに撥水加工を施した"Water-repellent"シリーズ、

いずれのアイテムもカラーバリエーションはこの3色となり、

 

 

161108_09.jpg

KhakiとNavyは一般的な綾織りのツイル生地、

 

 

161108_08.jpg

 

Camoのみヘリンボーン織りとなっております。

 

いずれもコットン100%。

アウター/パンツにも最適な肉感となっており、

製品縫い上げ後にウォッシュを掛ける事で、よりゴワっとした男臭い質感を引き出しています。

 


161108_10.jpg

型は合わせやすく、使い勝手も良いベーシックなマウンパタイプとなっており、

シンプルなデザインながらも、Outdoorプロダクトらしいディテールやパーツ使いが特徴となっております。

 

 

161108_11.jpg

フード首元はアゴ下まで隠れる仕様となっており、

 

 

161108_13.jpg

フード本体は丸型、フード先端には短めのツバが付属しております。

 

161108_15.jpg

こちらのシリーズには"PHAT BITE"のネームタグを使用。

 

161108_12.jpg

少し特徴を持たせた左肩は、肩部分のみ二重生地で補強した仕様となっており、

 

161108_14.jpg

二重に重ねた生地をそのまま胸ポケットのフラップとしても活用した合理的な造りとなっております。

フラップを単体で外付けした仕様よりスッキリ見える点も特徴です。

 

ちなみにフラップをめくると出て来る胸ポケット自体も二重ポケットとなっており、

小型ポケット上にはロゴ刺繍が身頃と同色で入ります。

 

 

161108_17.jpg

ポケット下にはアースカラーに映えるレスキューオレンジのテープに金属Dカンが付属します。

 

161108_16.jpg

ちなみに左肩に付いたこちらのストラップパーツ、フィッシングウェアではたまに見られるディテールですが、

ルアーを変える/餌を変える等、何か作業をする際、

立てた状態の釣り竿の先をこのストラップで固定しておけば両手が空いて竿も倒れない。

そんな使い方だったり、ハットのアゴ紐をここに固定して風で飛ばない様にしたり、

地味ながらもそのシーンにおいては案外重宝するディテールだったりします。

 

 

161108_19.jpg

袖口は平ゴム+ベルクロ仕様となります。

 

 

161108_22.jpg


161108_20.jpg

身頃下部のポケットは"底マチ"と呼ばれる、ポケットの底部分にのみにマチが付属した仕様となっており、

スッキリ見えつつも独特の立体感が特徴のポケットとなっております。

 

161108_23.jpg

裾は背面が緩めにラウンドしたシルエットとなっており、

 

161108_21.jpg

裾内側にはコードが一周、

左右両サイドに付いたストッパーを使用する事でお好みの裾幅に調整可能となっております。

 

そしてこちらのJktに特殊加工を掛ける事で、

 

 

161108_03.jpg

Jkt全体、どの部分でも水を弾く機能を持たせております。

この加工は永久という訳ではございませんが、洗濯70〜75回のテストはクリアしている加工となり、

一般的なJktの洗濯頻度から計算すると半永久と言えるかと思います。

 

 

 

*モデル:174cm / 64kg Lサイズ着用

 

161109_12.jpg

 

161109_13.jpg

 

161109_14.jpg

 

161109_16.jpg

 

161109_07.jpg

 

161109_06.jpg

 

161109_08.jpg

 

161109_09.jpg

 

161109_11.jpg

 

身幅/袖に適度なゆとりを持たせたマウンパ型らしいガボっとした雰囲気の型ながら、

着丈を若干削って調整する事で、

良いボリューム感が有りつつもスッキリとしたバランスのシルエットに仕上げております

 

洗い掛かったコットンの風合いも良く、土臭い武骨な雰囲気はナイロンとはまた違った良さが有ります。

フードの立ちも良い感じです。

 

この手のJktは年間通して考えると着用出来る期間も長いですし、

合わせる物も選ばず、流行り廃りも無いので実用性が高く便利。

 

撥水具合と合わせて是非チェックしてみて下さい。

 

 


続いてはパンツ。

こちらもシルエットだけでなくディテールにも凝った1本となっております。

 

 

161108_24.jpg

 

161108_25.jpg

INTERBREED Phat Bite

"Water-repellent Field Trouser" Camo/Khaki/Navy M〜XXL 17000円+Tax

 

Jkt同様にポケットやパーツ使い等にこだわった機能的なパンツです。

生地もJktと同生地となっております。

 

 

161108_26.jpg

まずデザインは両モモに配置した複数のポケットが特徴的なデザインとなっており、

 

161108_27.jpg

右モモには中型のフラップポケット1個、

左モモには小型横長のフラップポケットが上下2段に渡って付属します。

更に左腰部分にはオレンジテープ+Dカン、ポケット下にはストラップパーツが付属し、

同シリーズのJkt同様のディテールを取り入れております。

 

 

161108_29.jpg

 

161108_30.jpg

モモ部分のポケットもJkt同様、底マチ仕様のポケットとなっており、

細かい持ち物を収納出来る機能性だけでなく、

底マチポケット特有の立体感が見た目にも効果的なポイントとなっております。

 

これらのポケットやパーツは全て、

 

161108_31.jpg

サイドではなく前身頃側に付属しており、

一般的なカーゴパンツ等とは一味違うバランス感が楽しめるデザインとなっております。

 


161108_32.jpg

もちろんフラップポケットとは別でサイドポケットも付属しております。

 

161108_34.jpg

前開きはZipフライとなっており、

アイテム/生地感と相性良いゴツめのフォルムが特徴のUniversal製Zipを使用、

フロントボタンにも厚み有るメタルボタンを使用しております。

 

 

161108_35.jpg

 

161108_36.jpg

両ヒザはINTERBREED定番のカーゴパンツでもお馴染み、

ヒザ部分の上下にタックを入れた立体仕様となっております。

 

しゃがむ/立つ/歩く等、様々な動作時にも生地が突っ張らず不可が掛からない機能性はもちろん、

着用時にも良い雰囲気のシルエットを造ってくれるポイントとなっております。

 

INTERBREEDのパンツはこのヒザのタックを取り入れているものが多く、

同仕様のカーゴパンツやイージーパンツ等、自分も年間通してかなりの頻度で履いておりますが、

これに慣れてしまって、たまに他のパンツを履いた際に動きやすさの差を感じます。

特に自転車に乗っている時や立てヒザで靴を履く時など、

ヒザを思い切り曲げる動作時に、普段このタックがいかにさりげなく効いてるかを実感出来ます。

見た目にも履きやすそうに見える為か、"そのパンツどこの?"なんて周りに聞かれる事も多いです。

 

様々なタイプのパンツに取り入れてる仕様ですので是非一度お試し下さい。

 

 

161108_38.jpg

バックは左右にフラップポケット、右腰上に同色刺繍を配置したスッキリとしたデザインとなっております。

 

161108_39.jpg

裾には共生地のコードを通して有りますので、

その日のシューズやスタイルに合わせて裾幅を調節出来ます。

 

そして、

 

161108_05.jpg

もちろん撥水加工もバッチリです。

 

 

*モデル:174cm / 64kg Lサイズ着用

 

161109_02.jpg

 

161109_03.jpg

 

161109_04.jpg

 

161109_05.jpg

シルエットは適度にゆとりを持たせつつも、やや股上を削る事で内股付近のボリュームを抑え、

更にヒザのタックから裾へテーパードを効かせる事で、

太めながらもルーズ感の出ない、スタイル/年齢問わず履ける型となっております。

 

こんな感じで、ベーシックなアイテムのみで組んだコーディネートでも、

特徴有るポケットが絶妙なバランス感を生んでくれるので、

普通のチノやカーゴじゃ何かちょっと面白みが無いな〜、なんて日にもかなり重宝します。

 

是非店頭でお試し下さい。

 

 

 

 

ラストはHat

 

 

161108_40.jpg

INTERBREED Phat Bite

"Water-repellent Jungle Hat" Camo/Khaki/Navy 7000円+Tax

 

Jkt/Pantsと同様の生地/加工で製作したブーニータイプのハットとなります。

 

 

161108_41.jpg

こちらはMilitaryやOutdoorのハットでも良く見られるアゴ紐が付属した、

いわゆるブーニーHatタイプのデザインとなっており、

 

161108_43.jpg

 

161108_42.jpg

深さやツバの長さ等も一般的なスペックで取り入れやすい型となっております。

 

デザインも合わせやすいシンプルなものとなっており、

 

161108_44.jpg

両サイドにシルバーのベンチレーションパーツ、左サイドにピスネームを配置したデザインとなっております。

 

 

161108_45.jpg

アゴ紐はブラックの丸紐、ストッパーはロゴ入りのオリジナルストッパーとなっております。

 

 

そしてもちろんこちらのHatも、

 

161108_06.jpg

雨をものともしない撥水性が最大の特徴となっております。

 

 

161109_17.jpg

 

161109_18.jpg

バケットとはまた一味違う雰囲気の出せるブーニーHat。

 

浅過ぎず/深過ぎないフィット感有る被り心地、コットンのウォッシュ感、

いずれも良い具合に仕上がっております。

 

 

 

161108_04.jpg

 

 

 

お持ちのシューズに防水スプレーでもすれば、

"全身撥水"なんていう凄い響きのコーディネートも造れるPHAT BITEシリーズの新作アイテム。

 

どのアイテムも合わせるものを選ばない、

タウンユースにも最適なデザイン/形となっておりますので是非チェックしてみて下さい。

 

 

PHAT BITEの撥水加工企画、全て今週土曜日11月12日発売となります。

 

 

(INTERGREED)

2016.11.09 Wednesday

GL | 2016.11.12 at 築地&銀座

 

今年ももうこの時期なんですね〜

 

銀座のBar/ラウンジ 20店舗にサウンドシステムを導入し、

豪華DJ/アーティストのLiveと共にお酒が楽しめる一晩だけの都市型フェス。

更に"築地はしご酒"も同時開催。

 

しかし今年も凄い面子ですね。

 

"GL × 築地はしご酒"

 

チケットを買うと参加店舗全てに入場出来るサーキットタイプのイベント。

 

詳細はこちらのGL公式サイトで。

 

お目当てのDJ/アーティストさんが出る店/時間をチェックして呑みに行ってみてはいかがでしょうか。

 

楽しみです!

 

 

(WU)

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>
Selected Entries
Mobile
qrcode
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM