2017.01.18 Wednesday

久々やります | SAMPLE SALE & FAMILY SALE

 

アメリカの新大統領就任日は必ず1月20日と決まっているのでいよいよ今週ですね。

ヤツの一挙手一投足で株価や為替もガンガン動いてるし、

就任前からこんなに分かりやすく影響与える次期大統領も珍しい。

 

ほんとにアレが大統領になる日が来るんだー、と考えると、

色々これからどうなって行くのか読めないし、期待より不安のが強いですよね。

端から見てる分には笑えますが、日本は結局の所いつまで経ってもアメリカの下っ端かつ支配下。

案外一番振り回されるかも知れません。。

 

 

そんな一大イベントを控えた今週、

大統領就任とは全く関係無いですが2日間限定で久々にアノ催しやっちゃいます。

 

 

 

 

開催日:2017年 1月21(土) / 1月22(日)

 

会場:

DESIGN FESTA GALLERY (デザインフェスタギャラリー) | EAST 201&202

東京都渋谷区神宮前3-20-2 2F

東京メトロ 明治神宮前駅より徒歩5分/JR 原宿駅より徒歩9分

 

*どなたでも御入場頂けます

*クレジットカード使用不可

 

 

 

様々なブランドが集まった2日間限定の合同ファミリーSALE

INTERBREEDも過去のコレクションサンプルから懐かし系まで色々持って行きます。

今回は店舗のPOT OF GOLDからもインポートものを投入予定。

 

以前来られた方は御存知かと思いますが、2日間のみという事でかなりアブない価格で大放出致します。

 

週末都内おられる方は是非お立ち寄り下さい。

 

 

(INTERGREED)

2017.01.11 Wednesday

皇室御写真集

 

地元から程近い事もあって今年も初詣は靖國神社へ

 

新年恒例の買い物である壁掛け皇室カレンダーを今年も買おうと売店をチェックするとどこにも無し。

これまで無かった事なんて無いのでおばちゃんに聞いてみると、

"今年も入ったんだけど入荷数が少なくて売切れちゃったよ"

とのこと.......

 

 

正月早々かなりのショックでしたが、

 

 

 

170111_01.jpg

 

170111_02.jpg

 

170111_03.jpg

 

卓上も案外イイ感じだったので今年はこっちにしました。

壁掛けと同じく1月は集合写真。

 

雅子さんだけ微妙な距離を感じるのが少し気になりますね

 

 

(WU)

2017.01.10 Tuesday

はや10日

 

新しい1年がスタートして早くも10日。

 

大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 

INTERBREEDも今年2017年の秋冬シーズンでいよいよ10年。

単なる思い付きと遊びの延長で始めたつもりが、

10年も続ける事が出来るとは自分でもまさかです(笑

 

これも一重に御客様や取扱い店舗のサポートが有ってこそのものですし、

そんな10年分の感謝を込めて今年の秋冬は何か少し大きな事をやろうかな〜と企んでおります。

 

とにかくにも、まずは来月立ち上げ予定の17SSから。

 

今季もかなり面白い企画が続々登場致しますので何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

そんなこんなで年が変わると気分も一新。

何か新しいものを身に付けたくなる物欲の時期でも有りますが、

 

 

 

170110_01.jpg

 

170110_02.jpg

 

170110_03.jpg

 

170110_04.jpg

 

自分の新年一発目の買い物は久々のCONSでした。

昨年末のUS買付けで見掛けた時はスルーしたのですが、後になってジワジワ欲しくなった2トーンのONE STAR。

好みのカラーリングで気に入ってます。

最近出たPro Leather 76のスウェードもとにかく最高だし、CONSは今年も楽しみですね。

 

とは言っても個人的にはやっぱりNIKEにもう少し頑張って欲しい。

思い返すと昨年もそれ程買わなかった気がするし。。

 

今年はNIKEもAir Maxが30周年、Max '97も20周年なので大いに期待したいですね。

 

 

 

そして周年といえば、何と言っても今年は愛するPOLOの50周年。

 

 

色々な期待や想像に胸弾む年になりそうです。

 

 

では、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

(INTERGREED)

2016.12.19 Monday

サンプリングマナーに乗っ取り

 

今週末は3連休+X'masという事で、

何かとソワソワされてる方も多いのではないでしょうかー。非常〜に羨ましいですね。

 

そんなホリデーシーズンに合わせ、

大切な人への贈り物にも、1年頑張った自分への御褒美にもピッタリな小物類がリリースです。

 

イメージ通りの革が見つかった年にリリースしている革小物の企画。

昨年15AWではやらなかったので約2年振りですね。

 

これまでは光沢の有る表革を主に使用しておりましたが今年の気分は断然ヌバック。

 

そして自分達が通って来たカルチャーの中で"ヌバック"と聞けば、

パっと頭に浮かぶのはやはり"あのブーツ"ですよね。

 

B-boyにとって永遠/普遍のアイコンで有る、

"あのブーツ"の質感や雰囲気・配色を様々なアイテムに落とし込んでみました。

 

INTERBREEDが何かをサンプリングする際に最も気をつけている事は、

元ネタに対して失礼の無いクオリティで製作する事。

 

パッと見の上っ面だけ頂戴するのでは無く、

素材/品質/デザイン全てにこだわる事で元ネタの良さまで伝わる様なものを造る。

そんな、INTERBREEDが思う所のサンプリングマナーに乗っ取り、

今回も上質な国産レザーを使用し、国内工場の職人さんによるオールハンドメイドで製作致しました。

 

手に取った瞬間に伝わる革質の高さ、丁寧な縫製で高級感伝わる仕上がりです。

 

 

 

 

 

161216_01.jpg

(左下から時計回り)

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Wallet” 12000円+Tax

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Key Case” 9000円+Tax

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Belt” 12000円+Tax

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Long Wallet” 21000円+Tax

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Card Case” 9000円+Tax


Hiphopカルチャーにおいても重要かつ王道的なアイコンであり、"Yellow Boots"等の通称でも親しまれる、

某アウトドアブランドのブーツの質感/雰囲気をそのまま落とし込んだシリーズ"Iconic Pack"のレザー小物です。

 

全て上質な国産の本革を使用し、国内革工場にて製作しております。

 

こちらのシリーズは、

 

161216_02.jpg

ベルト以外、

全てオリジナルBOXが付属致しますのでプレゼントにも最適なシリーズとなっております。

 

 

まずは順にこちらから。

 

161216_03.jpg

 

161216_04.jpg

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Wallet” 12000円+Tax

 

二つ折りサイズでL字型のファスナーで開閉する、ちょっと珍しいタイプの財布です。

 

161216_09.jpg

ファスナーを開けると内側両サイドにカードポケットが6カ所付属しており、

 

161216_10.jpg

 

161216_11.jpg

内側中央のポケットが小銭入れ、

そしてその小銭ポケットを囲う様に札を二つ折りで収納する造りとなっております。

 

中々珍しい仕様ですが一般的な二つ折り型よりも厚みが出ず、

コンパクトにまとまる利便性の高い合理的な仕様となっております。

 

 

161216_06.jpg

本体正面にはINTERBREEDのロゴが刻印で入ります。

 

161216_08.jpg

 

161216_07.jpg

イエローヌバック以外の部分は元ネタに忠実にダークブラウンのパーツを使用。

ZipやDカン等の金属パーツも元ネタのアイレットをイメージしたゴールド仕様となっております。

ちなみに内側にもダークブラウンの本革を使用しております。

本体部分のステッチももちろん元ネタに合わせたホワイトステッチとなっております。

 

カード/小銭/札をひとまとめに収納したいけどあまり厚みは出したくない、

という財布バックポケット派に最適な形状となっております。

 

 

続いてはこちら。

 

 

161216_27.jpg

 

161216_28.jpg

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Key Case” 9000円+Tax

 

財布同様、本体正面にロゴ刻印が入ったこちらは、

 

161216_30.jpg161216_32.jpg

 

161216_31.jpg

内側にカギを取り付けられるリングが4本付属したオーソドクスなキーケースとなっており、

こちらも元ネタのカラーリングに合わせ、

内側にはダークブラウンの表革を使用、金属パーツは全てゴールドとなっております。

 

外側に向けてDカンも付属しておりますので、

カラビナ等でパンツのベルトループにブラ下げるにも便利な仕様とキーケースなっております。

 

 

 

続いてはこちらも久々に造ったベルト

 

 

161219_01.jpg

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Belt” 12000円+Tax

 

こちらのベルトは本体表側がイエローヌバック/裏がブラウン表革となったレザー2枚合わせのベルトとなります。

全長は約120cmとなります。

 

 

161219_02.jpg

ベックルはゴールドの金属バックルとなっており、

 

161219_03.jpg

本体の表、バック横にロゴ刻印が入っております。

 

161219_04.jpg

本体の両先端部分もブラウンレザーの切替えとなっており、

 

161219_05.jpg

こちらにもミニサイズの刻印が打って有ります。

 

ヌバック系のシューズ履いて腰からチラっとこんなベルトが見えたら相当お洒落だと思います。

 

 

 

続いては、今の所一番人気のこちら。

すでにメーカー在庫は無くなってしまいましたので是非お早めに。

 

 

161216_12.jpg

 

161216_13.jpg

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Long Wallet” 21000円+Tax

 

INTERBREEDとしては初のリリースとなるロングウォレットです。

 

 

161216_14.jpg

 

こちらも元ネタのブーツの履き口をイメージした、

イエローヌバック×ブラウンレザー×ホワイトステッチのデザインとなっております。

本体正面にはロゴ刻印入り。

 

161216_15.jpg

本体背面はイエローヌバックのみを全面に使用。

上質な本革を使用しておりますので、こういった広い面積に使うとかなり綺麗でより一層高級感がございます。

 

 

161216_16.jpg

もちろんこちらもZipはゴールド。

 

Zipを開けると、

 

161216_18.jpg

左右にカードを全12枚収納出来るポケット、

札や領収書等を収納出来る大型ポケットが6カ所、

そして中心にはZip付きの小銭入れが付属した大容量の仕様となっております。

 

 

 

そしてラストはこちら。

 

自分でも数年前に造ったブルーを愛用している大好きな便利アイテム。

だいぶ革もヘタれて来たので今年買い替えて新年からこちらのヌバック使おうかと思ってます。

 

 

161216_19.jpg

 

161216_22.jpg

INTERBREED Iconic Pack “The Yellow Card Case” 9000円+Tax

 

INTERBREEDでは革小物をリリースする年には必ず製作しているカードケース、名刺入れとなります。

 

161216_21.jpg

こちらも本体正面にロゴ刻印が入り、

 

 

161216_23.jpg

 

161216_25.jpg

二つ折りの内側を開くと立体的に型取りされた名刺収納ポケットが付属、

逆サイドにもカードが収納出来る差し込み型の簡易ポケットが付属致します。

 

以前も御紹介致しましたが、この内側ポケットの立体的に膨らんだ仕様、

 

161216_24.jpg

 

バッグの様な縫い合わせでマチを造るのではなく、一枚革を型にハメてマチ状に加工(型入れ)しており、

中々難しい技術だそうですが、こうして膨らみを付けておく事で名刺の出し入れがとてもスムーズになります。

 

161216_20.jpg

ちなみに本体背面にもカードポケットが1つ付属しており、こちらはSUICA等入れておくのに凄く便利です。

 

人に会う事も仕事だけに自分にとって名刺入れは凄く重要。

名刺入れなんて100円SHOPや無印のアルミのやつでイイや、なんて方も居るかと思いますが、

良いデザインや高級感有るものを持っていると、

初対面の打ち合わせなんかでもちょっとした話のきっかけになったりもします。

 

革に味が出てくる事で、"今年は結構名刺配ったんだな〜"とか、

自分なりの仕事のバロメーターにもなりますし、そうなって来るとだいぶ愛着も湧いて来ます。

 

プライベートで使う小物ももちろん大事ですが、

ビジネスシーンで毎日使う小物こそ、こだわって良いもの選ぶ事でモチベーションも上がります。

 

 

 

 

職人さんによるハンドメイドの為、いずれのアイテムも数は多く製作しておりません。

 

普段使いで自分用に、ホリデーシーズンのプレゼントに、来年社会人になる方へのお祝いに....

 

人に贈るにも間違いの無い品質なので様々な用途で御活用頂けます。

 

かなり動きが早いので是非お早めにチェックしてみて下さい。

 

 

(WU)

2016.12.14 Wednesday

効率か品質か

 

先日御紹介&発売開始となりました、

Padmore & Barnes × INTERBREEDのコラボレーションモデル、皆様チェックして頂けましたでしょうか。

 

 

 

 

 

INTERBREEDを見て頂いている方は本格志向の方が多いのか濃ゆい方が多いのか、

発売直後から早速良い動きをみせていて嬉しい限りですが、

今回は改めて"Padmore & Barnes"というブランド/メーカーを詳しく御紹介します。

 

"Padmore & Barnes (パドモア アンド バーンズ)" と言っても、

若い世代にはあまり馴染みの無い名前かも知れませんが、

1934年にアイルランドで創業したシューズファクトリー、要は靴の工場です。

特徴としては伝統的な技術を用いたハンドメイド製法で、

工場内の職人と工場周辺の地域住民/家庭が協力して良質な革靴を造り続けて来ました。

 

で、

1960年代後半にこのPadmore & Barnes社がハンドステッチのフルモカシン、

という当時画期的だった革靴を考案し、

それをあのClarksに提案すると提携工場として正式に認可され、

以降はワラビーやナタリー等、Clarksの代表的なモデル全ての企画/デザイン/生産に携わった歴史有る工場です。

 

その後80年代後半にClarksはコスト削減の為に生産拠点をアジアに移してしまい、

ClarksにおけるPadmore & Barnesの役割は終了、となってしまいましたが、

その後も工場名義でハンドメイドの革靴を製造/流通させ、一旦活動休止するも2013年に製造再開。

アイルランドからポルトガルへ生産拠点は移しながらも、伝統のハンドメイド製法には今なおこだわり続けています。

 

 

 

誰もが知るClarksですが、

その中でも代表作中の代表作を全てパドモアが提案/製造していた訳ですから、

言ってしまえばPadmore & BarnesはClarksそのものな訳で、ファッションの歴史的にも凄い功績を残した工場。

 

数年前の復活だけでも十分嬉しかったですが、

何よりも嬉しいのは復活後もオールハンドメイドにこだわっている事、

そしてシューズの要である木型はClarks製造時代のものをそのまま使っている事。

 

Clarksは現在もワラビーやナタリーを流通させ続けていますが、

Padmore & Barnes時代のアイルランド製Clarksが未だに人気有る事からも分かる通り、

現行のワラビーやナタリーは革質も木型も当時とは別物。

 

まず革の厚みが全然違うし、縫い方自体も違うので全体的なフォルムにも歴然とした違いが有り、

どこかペタっとした印象の現行Clarksに比べ、

1足1足丁寧に縫われたものは立体感が有って曲線部分なんかも凄く綺麗です。

 

 

 

そんなPadmore & Barnesとコラボレーション出来る機会を今季頂きまして、

革の種類/色も、ステッチカラーもソールも選べますとの事で、

"どの型でどんなデザインにしようかな〜"と散々悩んだのですが、

せっかく別注で造らせて貰えるなら、

この先も絶対に出ない様なデザイン/仕様でINTERBREEDらしい発想の1足を、

という事で、老舗の伝統的な技術を用いてFRESHなモカシンを造って貰いました。

 

どんな企画であろうと基本INTERBREEDのベースはやはりサンプリング。

 

B-boy永遠の定番である"あのブーツ"のデザインを、

Padmore & Barnesの名作"WILLOW"に落とし込んで製作致しました。

 

 

イエローヌバック×ブラウンレザーの切替えにホワイトステッチ。

 

72足 限定生産です

 

 

 

 

161212_05.jpg

 

161212_07.jpg

 

161212_10.jpg

 

161212_04.jpg

 

161212_03.jpg

 

161212_01.jpg

Padmore&Barnes × INTERBREED “Yellow WILLOW”

Yellow Nubuck / 7(26cm)〜10(29cm)/ 33000円+Tax

 

量産タイプのモカシンと見比べると分かりますが、

ハンドメイドのものは爪先部分の曲線ライン/ステッチのシワの寄り具合なんかも全然違います。

やはり職人さんの力加減が関係してくるのだと思いますが、

履き心地も負担が無く、革も厚みが有って凄い高級感を醸し出してくれてます。

 

イエローヌバックのパドモアを造れただけでも十分ですが、

せっかくのコラボレーションと言う事で、デザインを邪魔しない程度の控えめな感じで、

 

161212_06.jpg

ヒール外側に記念の焼印も入れて貰いました。

 

ソールはやはりパドモア伝統のクレープソール。

程良い弾力でクッション性が有り、革靴らしい適度な重さもイイ感じです。

近年はやたら軽い革靴が増えて来ている気がしますが、個人的には革靴となるとこれ位の多少の重みが欲しくなります。

 

 

161212_08.jpg

インソールも本革となっており、箔押しのロゴも今回スペシャル仕様で、

Padmore&Barnesのオリジナルロゴの中にINTERBREEDのブランド名も入れて貰ってます。感動です。

 

 

"別注"とは簡単に言えばオーダーメイドな訳で、

メーカーが通常展開していないデザイン/仕様のものを特別に造って貰う事。

なので、それと同じデザインのモデルは、

またどこかが別注でもしない限りは二度と生産されない事になります。

 

永い歴史のあるPadmore&Barnesですが、

後にも先にもT●mberネタのサンプリングデザインなんてまず出ないと思います。

 

 

 

161212_02.jpg

 

メーカー担当者さんにパドモア復活後の反応について聞くと、

昔と変わらない凄く良い品質でも、現行のClarksと値段だけで比べられてしまうそう。。

大手バイヤーさんとかですらそんな事も言っちゃう人も居る様で、

幾ら世の流れとは言え、プロのバイヤーさんまでもがその価値観で物を判断してるなら正直もはや終わってますよね。

 

その値段の違いの意味/造りの違いによる良さ、とか。

それらを知らない/分からない人に伝えるのが売り手の仕事なんじゃないのと思ってしまいます。。

 

中々残念な世の中なんだな、と今回改めて実感してしまいました。


 

オリジナルの木型と上質な革を使ったハンドメイドの1足。

 

大切に扱えば一生履ける、価値の有る良い靴なのでプレゼントなんかにも最適だと思います。

 

全サイズ合わせて72足売切り。

追加生産は今後も一切ございませんので、イエローヌバック好き/パドモアフリークの方も是非お早めに。

 

 

(WU)

2016.12.08 Thursday

INTERBREED | '16 Holiday Season's Collaboration

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Padmore & Barnes × INTERBREED Collaboration

 

"Yellow Willow" Yellow , size 7(26cm)〜10(29cm) , 33000円+Tax

 

1934年創業。
Clarksの前身ブランドとしても名高い、

"Padmore&Barnes"社とのコラボレーションシューズが12月10日(土)発売となります。

 

Clarks不朽の名作"ワラビー"や"ナタリー"のデザイン提供や生産も手掛けた、
Padmore&Barnesの伝統かつこだわりのオールハンドメイド製法はそのままに、
アッパーにイエローヌバック/履き口にはブラウンレザーを使用。
更にステッチには太めのホワイトステッチを用いる事で、

B-Boy永遠の大定番であり、"Yellow Boots"等の通称でも親しまれる、
某アウトドアメーカーの名作ブーツをサンプリングしたデザイン/仕様となっております。

 

ベースモデルにはPadmore&Barnes定番のモカシンタイプ "Willow"をチョイスし、
通常展開されていない素材/仕様を用いたINTERBREED完全別注の1足となります。

 

ソールにはPadmore&Barnesの代名詞であるクレープソールを使用、
ヒール部分サイドにはINTERBREEDのロゴが刻印で入ります。

 

歴史有るブランドならではの上質なレザーを使用し、
1足1足ハンドメイドで丁寧に縫われた1品は永く愛用頂く毎に足に馴染み、
尚かつ合わせる物を選ばないデザイン性も魅力となっております。

 

 

高級感溢れるレザーシューズはホリデーシーズンのプレゼントにも最適な1品です。

 

 

12月10日(土)発売となります。

 

 

 

(INTERGREED)

2016.11.30 Wednesday

12月3日(土)発売商品

 

今年も残す所あと1ヶ月。早いですね〜

年の瀬特有のバタバタした雰囲気が少し感じられる様になりましたが、

そんな中今週も新作&定番ものがデリバリーとなります

 

 

デニムのセルビッチ(耳)をデザインの主役として活かす企画、

"Selvedge Supply"シリーズからは新作のパンツとブーニーHatがリリース。

 

そしてOutdoor / Fishingライン "Phat Bite"からは、

昨年15AWで登場し、INTERBREEDのアウターの中でも最高峰の機能/ディテールを備えた、

"PHAT BITE 2Way Jacket"が定番として今年もリリースとなります。

 

一生ものの1着。

昨年買い逃した方は是非この機会に。

 

161130_01.jpg

INTERBREED Selvedge Supply “Lumberjack Hat”

 

 

 

 

161130_02.jpg

INTERBREED Selvedge Supply “Surplus Trouser”

 

 

 

 

161130_04.jpg

 

161130_03.jpg

 

161130_05.jpg

INTERBREED PHAT BITE "2Way Jacket"

 

 

全て今週末、土曜日12/3発売となります。

 

 

(INTERGREED)

2016.11.25 Friday

コラボ2発 | Low Crown & ベアー立体化企画

 

昨日Upした"OG Varsity Jacket"以外にも今週はデリバリーが色々と。

 

その中から本日はコラボレーションものを2アイテム御紹介します。

 

2社とも長い付き合いになりますがコラボするのは案外久しぶり。

今回も良いものが出来ました。

 

 

 

まずはこちら

 

 

 

 

説明不要かと思いますがMLB唯一の公式Capメーカー"NEW ERA®"社

 

これまで何度か一緒に物造りをさせて頂きましたが、

ここ数年ではJungle Hatだったり、

ベースボールCapではない、ちょっと変わった所をチョイスしてコラボさせて貰ってました。

 

そんな中で、久々にベースボールCap型やりたいな〜なんて思っていた今季。

ただ、個人的に59FIFTYがあまり似合わないので、

"何か他の形無いかな?"なんて相談した所、バッチリなものが有ったので即決。

 

59FIFTYのクラウン(高さ)がもう少し低ければ、

なんて昔から思っていた自分にとっては久々にビビっと来た型。

大人が被っても違和感無くし凄くしっくり来ました。

 

 

INTERBREEDの他アイテムとも合わせやすい生地/デザインになっております。

 

 

 

161125_05.jpg

 

161125_06.jpg

 

161125_07.jpg

 

161125_10.jpg

New Era® × INTERBREED

LP(Low Crown)59FIFTY "INDIGO-IB92” 7 1/4〜8 7000円+Tax

 

定番の59FIFTYに比べてクラウンが低めに設定され、

MLBのオンフィールドCap(試合用)にも採用されている、

LP(Low Profile/Low Crown)59FIFTY を使用したコラボレーションCapとなります。

 

 

今回素材はINTERBREEDらしくデニムをチョイス。

 

 

161125_09.jpg

フロントには"INTERBREED"の頭文字"IB"を数字順に置き換えた"92"のナンバリングが入ります。

 

ちなみにナンバリング部分も同じデニム生地を使用。

こだわりのオールINDIGO仕様です。

 

デニムのウォッシュ感やインディゴの色目も合わせやすく、

スポーティなスタイルだけでなく幅広く取り入れられるデザインとなっております。

 

形は上記にもある通り、

New Era® の代名詞的Cap 59FIFTYの被りが少し浅めに設定された型。

59FIFTYに比べてフィット感も有りますし、一般的なボールCapタイプに近い感覚で被れるかと思います。

 

 

ベースボールCap型を使った久々のNew Era®コラボレーション、という事もあってか、

かなり多くのお問い合わせを頂いております。

 

気になる方は是非お早めにマイサイズGetして下さい。

 

 

 

 

 

 

そして続いてはこちらも久々の企画。

 

前回の1stモデルは2011年の今時期だったので、5年越しの2ndモデル

 

今回も細部までこだわって製作致しました。

 

 

X'masシーズン突入に向け、

プレゼント何にしようかな〜、なんて考えている方も多いかと思いますが、

メインのプレゼントの+αとしても喜ばれると思います。

 

 

150体限定となります

 

 

 

 

161125_08.jpg

 

161125_01.jpg

 

161125_02.jpg

 

161125_03.jpg

 

161125_04.jpg

Lafayette × INTERBREED "Lo Teddy Bear" 9500円+Tax

 

INTERBREEDではお馴染みのFUNK BEARを立体化させよう、と、

2011年の初コラボによって生まれたテディベア企画の第2弾、150体限定生産のリミテッドアイテムとなります。

 

サイズ=身長:約42cm/座高:約30cm/横幅:約18cm

 

LafayetteとINTERBREEDの共同デザインによって90’Sテイスト溢れるルックスに仕上がったテディベアは、

愛らしい表情と程よいサイズ感で、両ブランドの“らしさ”を感じさせるアイテムを着用しております。
キャップにはスポーティな雰囲気のINTERBREEDのロゴが刺繍されたキャップ、

バイザー部分にはINTERBREEDのピスネームが付属。
フーディは90’sを彷彿とさせるインパクトのあるUSAの刺繍をフロントに配し、

フード部分とボディを切り返したイナたいデザイン。
袖には過去にLafayetteでも使用していたUSA国旗のオリジナルパッチが付属。
フード上部にはLafayetteのロゴ刺繍が入り、フードを被るとさりげなく見える仕様となっています。

 

 

本体/洋服まで今回もかなり良い仕上がり。せっかくなので1stモデルと一緒に記念撮影。

 

 

161125_11.jpg

左/ 1st (2011年)、右/ 2nd (2016年)

 

今年のはサイズ感が少し小振りで、顔の表情もどことなく弟っぽい雰囲気が出てます。

 

プレゼントにはもちろん、1stと並べたり複数個ディスプレイしたりとインテリアにも最適です。

 

5年前の1stは即完売でしたが、今回も数量限定生産となっておりますので是非お早めに。

 

 

全て明日11/26(土)発売となります。

 

 

(WU)

2016.11.24 Thursday

"クロい"シルエット | OG Varsity Jacket

 

都内で11月に雪が降るのは50何年ぶりらしいですが流石に寒いですね〜

とは言え、積雪たったの数cmなのにお約束の交通機関グダグダ....

どんだけ弱いのさ、って感じですよね。

 

そんな極寒突入に合わせて即戦力のアウターが今週土曜日リリースとなります。

 

今週発売のJktはかなり久しぶりのスタジャン型。

実は、とあるおっちゃんが着ていたJktがモチーフとなっております。

 

以前出張先のNYで休憩がてら立ち寄ったマクドナルド。

どこのマックだか忘れてしまいましたが、

店内でオーダー待ちしていると近くにやたらと着込んだ厚着の黒人さんが。

 

向こうだと良く居る"お釣り頂戴"系か、ゴミ箱チェック系のホームレスさんかなと思い、

直視せずに少し距離を取っていたのですが、

ふと足元を見ると凄くカッコ良いブーツに軍パンの裾をinして履いていて、

"あれ?"と思って顔を上げて見てみるとホームレスどころか、

長いドレッドにJktと色をハメたCapを被った滅茶苦茶カッコイイ初老のおじさん。

 

大変失礼致しました、と思いつつもそこからは横目でひたすらJktの形をチェック。

ボコっと丸いシルエットにアームも極太。

小柄なのにそれをオーバーサイズ気味にこなれた感じで着ているフォルムが、

90年代当時のBlack MoonのBuckshotみたいで本当にカッコ良く、

スタッフと"次の秋冬で絶対アレ造ろう"なんて話しながら目に焼き付けて来ました。

 

 

スタジャン造るの何年振りでしょうか。

 

かなり久々ですが凄く良い仕上がりで待ちわびた甲斐が有りました。

 

とにかく"クロい"雰囲気プンプンのシルエットが最高。価格も頑張ってます。

 

 

 

 

 

161124_02.jpg

 

161124_03.jpg

 

161124_01.jpg

 

161124_05.jpg

INTERBREED "OG Varsity Jacket" Beige,Navy M〜XXL 23000円+Tax

 

デニムとツイル生地を切替えで使用し、

ボリューム感を持たせたシルエットの"イナタさ"も特徴のVarsity Jacketです。

 

 

まず生地ですが、

 

161124_06.jpg

 

161124_07.jpg

身頃部分にはウォッシュ感が良い雰囲気のデニム生地を使用し、

袖部分にはハリ/コシの有る中厚のコットンツイル生地を使用しております。

 

Beige/Navyそれぞれに使用するデニムのウォッシュ感には若干差を付けており、

Beigeはライトな色目のインディゴ、Navyは濃いめのインディゴとなっております。

 

 

161124_09.jpg

 

161124_08.jpg

首周り/袖/裾は全てリブ仕様となっておりますが、

パーカ重ね着してフード出した際に顔近辺のカラーリングがウルさくならない様、首周りには単色のリブを使用し、


161124_15.jpg

 

161124_16.jpg

袖口/裾のリブには、ネイビーをベースにそれぞれの袖色に合わせたラインを入れております。

 

スタジャンの首リブにもカラーのラインが入ると少し合わせにくくなる事が有りますが、

この組み合わせだと首周りがスッキリ見え、全体のバランス感もイイ感じにまとまってます。

 

 

161124_13.jpg

 

161124_12.jpg

左胸には"INTERBREED"のスクリプトロゴが刺繍で入ります。

 

 

161124_18.jpg

左右のポケット口には袖部分と同じツイル生地を使用しております。

 

 

161124_21.jpg

前開きはスナップボタン開閉となっており、ロゴ刻印入りのオリジナルボタントップを使用しております。

 

 

161124_14.jpg

内側は中綿とT/C素材を縫い合わせたキルティングの裏地付きとなっております。

保温性の高い仕様ですが、重ね着した際に窮屈にならない様、

また春先でも着用頂ける様、中綿には極力厚みを抑えた綿を使用しております。

 

 

 

異素材の切替えという事もあり、カラーリングやカラーバランスに気を使ったデザインですが、

それ以上にこだわったのがシルエット。

着た際にどこか懐かしい"良いイナタさ"が出る様、

各パーツの太さや各リブの締め具合等、細かい部分まで何度も調整して理想的なシルエットに仕上がりました。

 

 

 

*モデル:174cm / 64kg 全てLサイズ着用

 

161124_23.jpg

 

161124_26.jpg

 

161124_25.jpg

 

161124_28.jpg

 

161124_24.jpg

 

161124_27.jpg

 

161124_29.jpg

 

161124_31.jpg

 

161124_33.jpg

 

161124_32.jpg

 

161124_30.jpg

太めに取った身幅とアームホールに対し、

袖口/裾のリブをやや強めに締める事でアイテム全体の丸みを強調したシルエットとなっております。

 

"90's感"とはまさにこの事、と言った感じの雰囲気抜群のシルエットですが、

着丈は一般的なスタジャン同様となっておりますので合わせやすく、

ボリューム感を活かした様々なコーディネートを楽しめます。

細めのパンツなんかにも良く合いそう。

 

個人的には横から見た際の背中のラインがかなり理想的でお気に入りです。

 

首リブのみ単色リブにした点もさりげなく効いていて、

アクが強くなりがちな色切替え/生地切替えのデザインでもまとまりが良く、

Capやインナー選ぶ際も、色使いで色々遊べると思います。

 

 

 

かなり多くのお問い合わせを頂いている、ドス黒さ満点の"OG Varsity Jacket"

 

今週土曜日11/26発売となります。

 

気になる方は是非お早めにチェックしてみて下さい。

 

 

(INTERGREED)

2016.11.18 Friday

経年変化が楽しみです

 

年月掛けて使用する事で新品時とはまた違った魅力が出て来て楽しめる素材。

近年では"エイジング素材"なんて言われて注目されてたりもしますが、

その代表的な所だとやはりレザーとデニムではないでしょうか。

 

まっさらな状態もそれはそれでもちろん良い雰囲気が有りますが、

1年,3年,5年,10年....と使う事で段階を踏んだ風合い変化を楽しめ、

その風合いも使う人のライフスタイルによって違いが出る為、

最終的に世界に2つと無い自分だけのオリジナルなものになる事が最大の魅力。

 

レザーもデニムも昔から生地/素材として使われていたものだし、

好きな人はずっと好きで、"エイジング素材だなんて何を今さら"という感じですが、

ファストファッションをはじめとする使い捨て感覚の衣類が主流の今だからこそ、

その対極にあるものが"価値"として再認されているのかも知れません。

 

 

そんな素材の中でもINTERBREEDが好きなのはやっぱりデニム。

パンツはもちろん、上物も小物も毎シーズン力を入れて何型か造っておりますが、

今回御紹介するのは新作のアウターとなります。

 

デニムは御存知の通り、"ヒゲ"や"アタリ"なんかと呼ばれる独特の色落ちが魅力で、

着用時のシワ部分やステッチ部分/製品の凹凸部分に出るものなので、

大抵の場合どの辺に出てどういう感じになるか、というのはボンヤリでも想像付くものですが、

このJktに限ってはどんな風にアタリが出て、

年を追う毎にどんな雰囲気になって行くのか、全く想像がつきません。

 

 

身頃全体がそもそもステッチだらけ/凹凸だらけだとすると、どういう色落ちをしていくのか?

 

超オリジナルな物凄い雰囲気/風合いになりそうで数年後が本当に楽しみです。

 

 

 

161118_01.jpg

 

161118_02.jpg

 

161118_03.jpg

 

161118_04.jpg

INTERBREED "Quilted Indigo Jacket" Indigo M〜XXL 30000円+Tax

 

国産ライトozデニムと薄手の中綿を縫い合わせたキルティング生地を使用したJktです。

生地織りから縫製までの全行程を岡山県児島の工場にて行なった純国産製品となります。

 

 

161118_05.jpg

生地はダイヤ型ステッチのキルティング仕様となっており、

表地のデニム/縫い合わせの中綿は共に軽い肉感のものを使用しております。

キルティングの凹凸感も有るので着用時にゴツい印象が出ない様、

中綿にはかなり薄手の綿をチョイスしましたが保温性もばっちりで丁度良い感じ。

製品洗いを掛けて糊を落としたワンウォッシュとなりますので硬さも無く着心地抜群です。

 

 

161118_06.jpg

襟付き+フロントボタン留めのデザインはコーチJktタイプをベースに製作しておりますが、

 

 

161118_07.jpg
 

161118_12.jpg

襟部分をデニムと相性良いコーデュロイ素材で切り替え、袖口もゴムでは無くリブ仕様にアレンジする事で、

コーチJkt特有のスポーティさを中和し、年齢/スタイル問わず使える落ち着いた印象へと変化させています。

 

 

161118_08.jpg

左胸にはZipポケットが付属し、

 

161118_09.jpg

ZipはUNIVERSAL製を使用しております。

 

161118_10.jpg

前開きはスナップボタン留めとなっており、

金属製のトップはロゴ刻印入りのオリジナルボタントップとなっております。

 

 

161118_14.jpg

 

161118_15.jpg

身頃/袖はコットンツイル生地を使用した裏地付きとなっており、

 

161118_16.jpg

身頃裏のサイドにはオリジナルの"MADE IN JAPAN"タグが付属します。

 

 

161118_13.jpg

裾にはコーチJktタイプらしく丸紐が一周しており、絞って結ぶ事でお好みの裾幅に調節して着用頂けます。

 

 

161118_17.jpg

背面は付属パーツ等の無いシンプルなデザインです。

 

 

コーチJktとフィールドコートの中間、といったイメージのJktは、

ラフでカジュアルな雰囲気も有りつつ、高級感有る落ち着いた雰囲気も持ち合わせているので、

合わせるアイテム次第で様々なスタイルに取り入れられる1着となっております。

 

 

*モデル:174cm / 64kg 全てLサイズ着用

 

161118_25.jpg

 

161118_26.jpg

 

161118_20.jpg

 

161118_21.jpg

 

161118_24.jpg

 

161118_19.jpg

 

161118_22.jpg

 

161118_18.jpg

 

161118_23.jpg

 

ライトozとは言えタフなデニム+綿のキルティング。

着用時に鎧の様なゴツいフォルムにならない事だけに気をつけて製作したシルエットは、

肩幅や着丈もややスッキりとしてバランスが良く、

着慣れたコーチJkt同様の感覚で取り入れられる型となっております。

 

キルティングJktならではの表面の立体感も良い感じ。

バックスタイルなんかは特に雰囲気有ってカッコイイです。

 

キルティングは表地と綿を全面ステッチで縫い合わせているので中綿が偏って来る事も無く、

更に裏地も綿100なので洗濯も問題無し。

 

自分はガンガン着て月1くらいは洗って色を抜いて行ってみようかと思います。

 

 

昨日紹介致しましたDaily Nylon Jacketと共に明日11/19(土)発売となります。

 

防寒/保温性も高い即戦力の1着。

数が結構少ないので気になる方は是非お早めにチェックしてみて下さい。

 

 

(WU)

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
Selected Entries
Mobile
qrcode
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Recent Trackback
Profile
Search this site.
Others
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM